「入金照合サービス」から探す!IT製品・セミナー情報

「入金照合サービス」 に近い情報
「入金」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「入金照合サービス」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「入金」に関するIT製品情報

通販基幹システム「クラウド K」  2016/08/26


FutureRays

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:ライセンス登録料15万円/1社月額費用:1ライセンスあたり1万円/月(税別)

カテゴリ  EC | 在庫管理システム | 販売管理システム | 特定業種向けシステム | CRM

製品概要  企画、顧客管理から受注、出荷、在庫管理、棚卸、入金、督促、分析まで、通販事業に必要な機能をオールインワンで提供する通信販売事業者向け基幹システム。

オススメユーザー  これから通販事業に力を入れていきたい企業。


「入金」に関する特集



 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「IT中長期計画との整合性」についてお話した。 今回は、SOX法・内部統制対応の際に、多くの企業でIAMのニーズが発生した「リスク対応」について説明したい。 内部関係者が、システム上で不正・ミスを起こす場合というのは、過去の歴史を振り返ると、1人の担当者に権限が集中している場合が圧倒的に多い。システム監査が必要となった背景とされる“サラミ手法”の例をとっても、新たにIDを作成し、架空口座に1円未満の端数を入金するように財務関連のプログラムを修正、その後、本番プログラムを置換し、その痕跡が残らぬようにIDを削除、履歴を改ざんするといった不正が典型的である。こういった不正およびミスを防ぐために、IAMソリューションが導入されるというわけだ。 弊社が過去にお客様とお話した限り、不正を助長させる原因は、以下に示す“不適切ID群”という6つのタイプのIDが大きな原因と推察する。言い換えると“不適切ID群”が存在しなければ、大半の不正・ミスを予防できるということになる。下記の一覧に、6つの不適切ID群とはどのようなIDなのか、またどのような問題を抱えているか、どのように解決していくべきかを記載する。


カテゴリ  ID管理 |


「入金」に関するニュース



 株式会社アール・アンド・エー・シー(R&AC)は、入金/回収特化型ソリューションパッケージ「Victory-ONE/G3」(V-ONE)を、Amazon Web Services(AWS)上で利用できるようにし、「V-ONEクラウド」として正式リリースする。8月中旬以降順次、出荷を開始する。「Victory-ONE」シリーズは、入金の自動消込から債…


カテゴリ  会計システム |




 BASEは、ECの運営に必要な機能やサービスを各店舗のニーズに合わせてカスタマイズ導入できる選択式のプラグインプラットフォーム(拡張機能)「BASE Apps」で、店舗への売上入金を1営業日で行うサービス「振込申請プラスApp」の提供を開始した。BASE Appsは、ネットショップ開設サービス「BASE」向けの拡張機能。…


カテゴリ  EC | 会計システム




 インフォマートは、企業間で請求書を受取・発行できるクラウドサービス「BtoBプラットフォーム 請求書」で、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行の入金データを自動的に取り込める「自動入金消込・督促機能」の提供を9月27日に開始する。BtoBプラットフォーム 請求書は、電子帳簿保存法に対応し、企業規模…


カテゴリ  会計システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「入金照合サービス」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ