「佐藤 真人 RED HAT」から探す!IT製品・セミナー情報

「佐藤 真人 RED HAT」 に近い情報
「RED HAT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「佐藤 真人 RED HAT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「RED HAT」に関するIT製品情報

Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME  2017/11/01


AllthatSoft Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1core:40万円(税別)※DBMS Server CPUのコア単位課金

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

オススメユーザー  少ない投資で効果的にDBからの情報漏えい対策を行いたい企業。パフォーマンスに影響しない暗号化製品を探している企業。


「RED HAT」に関するセミナー情報

Red Hat Forum 2017 フォローアップセミナー

日本ヒューレット・パッカード/レッドハット


開催日

 12月5日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データセンター運用 | IaaS/PaaS | その他データセンター関連

概要  ITがビジネスを支える基盤として重要度が高まる中、更なる運用最適化が不可欠です。本セミナーではRed Hat Froum 2017のフォローアップとして、データ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


Red Hat Forum 2017 フォローアップセミナー

日本ヒューレット・パッカード/レッドハット


開催日

 12月7日(木)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  データセンター運用 | IaaS/PaaS | その他データセンター関連

概要  ITがビジネスを支える基盤として重要度が高まる中、更なる運用最適化が不可欠です。本セミナーではRed Hat Froum 2017のフォローアップとして、データ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


Red Hat Forum 2017 フォローアップセミナー

日本ヒューレット・パッカード/レッドハット


開催日

 12月8日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  データセンター運用 | IaaS/PaaS | その他データセンター関連

概要  ITがビジネスを支える基盤として重要度が高まる中、更なる運用最適化が不可欠です。本セミナーではRed Hat Froum 2017のフォローアップとして、データ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「RED HAT」に関する特集



 前回、ITをビジネス貢献のツールとして活用するにはOSSの利用が重要であることを述べた上で、OSS3大テクノロジーの1つである「Node.js」について紹介しました。 今回は、LinuxONE Community CloudのRed Hat Enterprise Linux7.2(RHEL7.2)の仮想サーバを使って、特定の単語に対する「感情分析」を行い、その結果をデータベースに蓄積していくアプリケーションを作成してみます(図1)。


カテゴリ  オープンソース | Linux | メインフレーム | IaaS/PaaS




 前回はApache Spark(以下Spark)の活用例を紹介し、次世代のデータ分析に必要なITインフラ要件について説明しました。 今回は実際にSparkを使ってパーソナライズされた映画のレコメンドを行ってみましょう。今回も同様にLinuxONE Community CloudのRed Hat Enterprise Linux 7.2の仮想サーバで実施します。仮想サーバの作成方法はこちら(第2回)を参照ください。


カテゴリ  ビッグデータ | ソーシャルメディア分析 | データ分析ソリューション




 前回はChefの概要を解説しました。シェルスクリプトだけではインフラ構築の自動化が難しいケースでも、Chefであれば効率よく自動化できることがご理解いただけたことと思います。 今回は、実際にChefを用いてインフラを自動的に構成してみましょう。前回までと同様に「LinuxONE Community Cloud」の「Red Hat Enterprise Linux 7.2」の仮想サーバを使って実施します(仮想サーバの作成方法は第2回を参照ください)。 今回は、Chefで自動構築するシステムには、今、クラウドアプリケーションのセキュリティなどで注目を集める「二要素認証」を取り上げます。サンプルも公開していますので、ぜひ、自動構築の手軽さを体験してみてください。


カテゴリ  Linux | メインフレーム | 認証 | ワンタイムパスワード | PKI | その他エンドポイントセキュリティ関連 | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「RED HAT」に関するニュース



 ステラクラフトは、企業向けRADIUS認証サーバソフトウェア「Enterpras Std3.5」で、8月から「Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)」に対応した。また、従来の価格体系に加え、サブスクリプションモデル(月額料金制)での提供を9月1日に開始する。参考価格は、100ユーザーライセンスが月額1万5000円、1000ユーザー…


カテゴリ  認証 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「佐藤 真人 RED HAT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ