「会社へ 最後の切り札」から探す!IT製品・セミナー情報

「会社へ 最後の切り札」 に近い情報
「会社へ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「会社へ 最後の切り札」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「会社へ」に関するIT製品情報

Systemwalker Service Catalog Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。(個別見積もり)

カテゴリ  開発環境/BaaS | サーバー仮想化 | シンクライアント | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール

製品概要  企業内の業務アプリケーションを短期間でSaaS化、共有できる環境を提供するソフトウェア。開発・提供期間の短縮が可能で、関係会社へ提供する際に利用料金の明確化も可能。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化/クラウド環境で、業務アプリケーションの共有を検討している企業。


「会社へ」に関する特集



社員の能力やスキル、資格などを把握しながら適材適所にスタッフを配置し続けることで、社員の会社への貢献度は高くなるもの。ではそれらの能力を常に管理していく方法とは?


カテゴリ   |




 英国のガーディアン紙が報じたところによると 、米国政府は“ネット上のコミュニケーションをモニタリングしている”とのことで、各方面で大きな波紋を呼んでいます。記事では、米国政府が大手インターネットプロバイダ、インターネットサービス企業から情報提供を受けており、我々の日々のネット上のコミュニケーション、情報のやりとり、そしてデータの共有がモニタリング、監視されていた可能性を示唆しています。日本でも「PRISM問題」として大きく報道されていますね。 ただこの情報は「可能性がある」という域を出ず、現在までに事実認定させていない状況です。そんな中でもこの問題は、我々に様々な警鐘を鳴らしていると思うのです。


カテゴリ  データセンター運用 |


「会社へ」に関するニュース



 株式会社ヘッドウォータースは、顔識別で接客内容を変えられるロボアプリプラットフォーム「SynApps」を利用した、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」向けロボアプリ「音声認識商品コンシェルジュ for SynApps」の提供を8月1日に開始する。「音声認識商品コンシェルジュ for SynApps」は、店舗での…


カテゴリ  FAQシステム | その他情報システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「会社へ 最後の切り札」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ