「会社の鍵 KTK セキュリティシステム カードエントリー忘れ」から探す!IT製品・セミナー情報

「会社の鍵 KTK セキュリティシステム カードエントリー忘れ」 に近い情報
「セキュリティシステム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「会社の鍵 KTK セキュリティシステム カードエントリー忘れ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティシステム」に関するIT製品情報

WAPPLES  2016/05/01


ペンタセキュリティシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 224万円(税別)

カテゴリ  WAF |

製品概要  独自のルールベース(ロジック分析エンジン)で、導入・運用負荷を大幅に軽減する高精度のWAF製品。サイバー攻撃、遠隔ウイルスによる攻撃などへの備えに。

オススメユーザー  サイバー攻撃や遠隔操作ウイルスなどへの対策を考えている企業。Webアプリケーションをサイバー攻撃から守りたい企業。


「セキュリティシステム」に関する特集



 システムを発注する立場で現場を見ていると様々な課題がある。発注側がIT企業ではなく、システムの開発要員を抱えておらず、外部にシステムの構築を依頼する場合などは特にそうである。これは単にシステム構築の問題だけではなく、セキュリティの問題にも結び付く。ここでは現場の課題に対処するためのひとつの手法として、現在、経済産業省から公開されているTRM(Technical Reference Model:技術参照モデル)を紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 オフラインやクローズドネットワークはマルウェアやAPT(Advanced Persistent Threat:標的型攻撃)に対して安全かというと決してそうではない。2003年にMSブラスターが流行した際に米国でATMがウイルス感染したケースや、最近ではStuxnet(スタックスネット)の話が有名である。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 世界中のネットワークデバイスの数は現在の約10億デバイスから2015年には500億デバイスへと、一気に増加すると言われている。一方で、新しいマルウェアは1日に6万以上、2010年の合計で2000万にものぼるという。第5の戦場といわれるサイバー空間に一般市民の日常品が持ち込まれ、戦禍と盗難、搾取の危険にさらされるわけだ。そこでセキュリティベンダとして企業のセキュリティシステムの構築に携わってきた立場から、ネットワークデバイスのセキュリティについて話をさせていただく。  初回はセキュリティの考え方を中心に話を進める。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「セキュリティシステム」に関するニュース



 ペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)は、暗号鍵管理システム「D’Amo SG-KMS」に、量子乱数発生器やハードウェアセキュリティモジュールを追加した「セキュリティー強化パッケージ」をリリースした。「D’Amo SG-KMS」は、暗号化・復号化に使用する鍵を物理的に管理可能にするシステム。…


カテゴリ  暗号化 |




 ペンタセキュリティシステムズは、PKI技術を基盤とした正品認証製品「D’EAL(D’Amo Seal)」をリリースした。D’EALは、PKI技術とハードウェアの側面で複製を防止する技術を基にした、正品認証ソリューション。ハードウェアの複製防止技術を通じてタグの複製を防止し、PKI技術を基盤にRFID/NFC/Beaconなどさま…


カテゴリ  認証 | 在庫管理システム | PKI


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「会社の鍵 KTK セキュリティシステム カードエントリー忘れ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ