「企業の情報セキュリティ ガイドラインの必要性」から探す!IT製品・セミナー情報

「企業の情報セキュリティ ガイドラインの必要性」 に近い情報
「企業の情報セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「企業の情報セキュリティ ガイドラインの必要性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「企業の情報セキュリティ」に関する特集



 前回は、企業の情報セキュリティの要である「人的対策」を検討するにあたり、現状を把握するためのポイントとして「知識」「意識」「職場(風土)」の3つを挙げ、解説させていただきました。 今回はそれら3つのポイントで現状把握をした後、どのように改善していくのか…それぞれの改善方法について、詳細を説明させていただきたいと思います。


カテゴリ  eラーニングシステム |




 前々回・前回と、情報漏洩の原因の大部分を占める「内部からの情報持ち出し」に対して効果を発揮する注目のソリューションとして、「DLP」とその他の情報漏洩対策について説明してきた。DLPでは文書の中身、つまりコンテンツを照合し、それが指定されている機密文書に当たるか否かを識別する。さらに、その機密情報に誰がアクセスできるのか、誰が扱えるかということも同時にシステムとして管理する。つまり、DLPを導入するということは、本来企業が行うべき機密情報取扱い基準を明確化し、システムによる運用を実現させるということなのだ。DLPを導入・運用することで、企業の情報セキュリティポリシーを見直し、定着させることが可能になる。


カテゴリ  DLP |




2005年に <個人情報保護法> が施行してから約9年―企業の情報セキュリティ対策として <データベース暗号> が注目を浴びたことはご存知でしょうか?特に金融業やサービス業では、「個人情報」 に加え、「クレジットカード情報」 も含まれることから多くの大手を含む銀行やサービス事業者が対策を施しています。この対策は、あまり表に出ることはなく、社内でも極秘に遂行される場合があり、そんな対策が施されていることを利用者は全く意識せずに利用しています。「セキュリティ」 という名のもとに....


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「企業の情報セキュリティ ガイドラインの必要性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ