「企業の基幹業務システム 今後の方向性」から探す!IT製品・セミナー情報

「企業の基幹業務システム 今後の方向性」 に近い情報
「企業の基幹業務システム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「企業の基幹業務システム 今後の方向性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「企業の基幹業務システム」に関するIT製品情報

Oracle ERP Cloud  2016/07/12


日本オラクル

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP |

製品概要  幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。

オススメユーザー  急速な事業拡大、グローバル進出の加速などにあたって、企業の基幹業務システムの強化を図りたい企業。


「企業の基幹業務システム」に関する特集



 経済産業省では「重要インフラ情報システム」を、以下のように定義している。「他に代替することが著しく困難なサービスを提供する事業が形成する国民生活・社会経済活動の基盤であり、その機能が低下または利用不可能な状態に陥った場合に、我が国の国民生活・社会活動に多大な影響を及ぼすおそれが生じるもの、人命に影響を及ぼすもの及びそれに準じるもの」 もっと簡単に言えば、この情報システムが停止した場合にはマスコミが大事件として取り上げ報道されるシステムのことである。日本ではほんの少し停止しただけでも「XXシステムが停止しました」とCIOが頭を下げる姿が報道されるが、米国ではこのような事象を見ることはまずないそうである。しかし、その影響からか日本の重要インフラシステムの信頼性は米国と比較すると“8倍”も高い。(ガートナーとJUAS企業IT動向調査2008年度調査を独自に比較) 米国の大企業を訪問したときに「貴社のシステム稼動率は何%ですか」と質問したところ「99.2%」と答えてくれた。それならばクラウドで99.5%を保証すると言われたなら魅力を感じるはずである。では日本の実態はどうか?「JUAS企業IT動向調査2010」によると、企業の基幹業務システムの稼働率99.99%以上の割合は54%であるのに対して、重要インフラシステムは76%である(以下図参照)。稼働率99.99%は、年間で50分しか停止していないことを意味し、国際的にも非常に高いレベルにある。


カテゴリ  システムコンサルティング |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「企業の基幹業務システム 今後の方向性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ