「企業 見学 IT 東京」から探す!IT製品・セミナー情報

「企業 見学 IT 東京」 に近い情報
「企業 IT 東京」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「企業 見学 IT 東京」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「企業 IT 東京」に関するセミナー情報

マルチベンダーインフラの戦略的な運用攻略法

主催:日本アイ・ビー・エム


開催日

 7月13日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  統合運用管理 | IT資産管理 | 運用系業務アウトソーシング

概要  昨今、テクノロジーの進化とともに、多くの企業においてITの役割は重要な転換期を迎えており、事業に貢献する「攻めのIT」重視へとシフトしています。これを実現するた…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|情報システム部の統括


最新機能に触れる!IFS Applications体験セミナー

IFSジャパン


開催日

 5月26日(金),6月7日(水),6月19日(月),6月27日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ERP | 生産管理システム | 特定業種向けシステム

概要  当セミナーでは、「ものづくり企業」の「製品」「設備管理」「保守サービス」のトータル・ライフサイクルをサポートするITソリューション「IFS Applicatio…

オススメユーザー  製造・生産管理|経営者CIO|情報システム部の統括


海外事例多数紹介!「INNOVATION TOUR 2017」

ソフトウェア・エー・ジー


開催日

 7月6日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BPM | EAI | SOA

概要  世界の企業や組織のIT部門において、デジタル変革を牽引しているSoftware AGが、最新のデジタルトレンドを理解するためのキーワード、AI、IoT、インダス…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|製造・生産管理


Peach Aviation 様事例登壇!G Suite が実現するビジネス変革

グーグル・クラウド・ジャパン/電算システム


開催日

 7月13日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | グループウェア | ファイル共有

概要  本セミナーでは Google の企業向けコラボレーションツールである G Suite の最新情報と G Suite をさらに使いやすくするための連携ツールをご紹…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


「企業 IT 東京」に関する特集



  2016年12月1日、製造業においてCAD(コンピュータ支援設計)、製品ライフサイクル管理 (PLM)、サービス管理(SLM)ソリューションを提供するPTCジャパン主催のイベント「PTC Forum Japan 2016」が東京・新宿のベルサール新宿グランドにて開催された。本記事では講演群の中から、大手SI企業がIoT時代をどう迎え、どう価値を提供していくのかというビジョンを共有すべく、NTTデータが自社の取り組みを紹介した「デジタル時代を創るITのチカラ」をレポートしよう。


カテゴリ  ビッグデータ |




 Webブラウザを利用したサービスが多様になり、情報のやり取りが簡単になっただけに、ハッキング攻撃にさらされる危険性も高まっており、暗号化通信は不可欠な要素になった。暗号化通信は、HTTPSプロトコルを使用することで実現できるが、HTTPSプロトコルを使用するためには、認証機関(CA:Certificate Authority)からSSL認証書の発行をしなければならない。しかし、費用に対する負担と複雑な認証プロセスなどにより、発行率は低いのが現実である。  2016年5月に東京証券取引所市場第1部に上場した主要企業を対象に、日本のWebソリューション会社であるAtlas21が実施した調査によると、Webサイトの全ページに暗号化通信を適用しているHTTPS完全対応率は1%で、世界の主要企業が17%であることに比べ、かなり低い数値を記録した。 つまり、ほとんどのWebサイトでSSL/TLSが適用されておらず、セキュリティの最も基本である暗号化通信も保障できていない状況ということだ。


カテゴリ  Webアプリケーションサーバ |




 イノベーションという言葉を初めて用いた経済学者のシュンペーターは、異なる知識や技術を結び付け、新たな価値を生み出すことがイノベーションであると唱えた。 異なる知識や技術を結び付け交流を促すために、時間や空間の制約を超えたコミュニケーションを実現させることはITが得意とする分野である。しかし、時間や空間の制約を超え、異なる知識が結びつきやすい「場」そのものを提供しただけでは十分ではない。見知らぬ人をただ単に対面させただけでは、自然と対話が発生し、イノベーションを生む活動へと発展することは到底期待できないからである。 ところが、バーチャルではなく現実の世界では、イノベーションを起こす目的で社内外の異なる知を結びつける様々な方法が存在する。その取り組みの1つが 「フューチャー・センター」である。フューチャー・センターは異なる知識を結びつけるための「場」を提供する。 フューチャー・センターはスウェーデンが起源で、1996年に活動がはじまった。その後、欧州では政府機関が開設したのを皮切りに、20程の組織が存在する。日本では、富士ゼロックスKDIや東京海上日動システムズなどの企業が先導して取り組んでいる。  日本企業の多くは、今後徐々に縮小していく国内市場からグローバル市場に活躍の場を広げようとしている。しかし、グローバル市場において、日本発の製品やサービスは未だに技術先行、高品質指向であり、それによって新興国においては必ずしも成果を上げていない現状が指摘されて久しい。これまで企業が取り組んできたように新製品開発のプロジェクトを立ち上げるなどの一辺倒なやり方では、画期的で世界を変えるようなアイデアが湧いてくるとは限らない。世界経済フォーラムのイノベーションランキングで上位にランクインするほどの技術力を持つ日本だが、企業内に閉じこもっていてはもはや解決できない複雑な問題を企業は抱えている。そして今、企業はもっと開かれた関係性を生み出す「場」を必要としているのではないだろうか。 フューチャー・センターでは、この難題を解決するため、様々なステークホルダーを集結し課題に取り組むのである。場合によっては顧客やNPOを招くなどして、幅広い人の英知を借りることになる。多様な人を集め対話することで新たな気づきが生まれることを期待し、対話の積み重ねによって難解で複雑な問題を解決しようとする、その「…


カテゴリ  EIP | グループウェア | 社内SNS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「企業 見学 IT 東京」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ