「企業 申請 承認」から探す!IT製品・セミナー情報

「企業 申請 承認」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「企業 申請 承認」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「企業 申請 承認」に関するIT製品情報

稟議・回覧クラウド 承認Time  2016/09/15


SBIビジネス・ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:18万円(税別)月額利用料(1〜50ユーザ):2万5000円(税別)

カテゴリ  ワークフロー |

製品概要  稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。

オススメユーザー  ペーパーレス化、業務効率化を目指し、紙で行っている稟議申請書をWeb上のシステムで申請・承認できるようにしたい企業。


クラウド型ワークフローシステム「Streamline」  2016/02/01


ミトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1ユーザ 月額300円(税別)

カテゴリ  ワークフロー |

製品概要  PC、スマートフォンやタブレットを利用して、場所を選ばずに申請・承認業務が行える、クラウド型のワークフローシステム。

オススメユーザー  申請・承認業務を紙文書で行っている企業。ワークフローシステム導入を検討したが、コスト面で見送った企業にも。


クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」  2016/06/21


グルージェント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 0円基本料金 1ユーザあたり300円(税別)/月

カテゴリ  ワークフロー | グループウェア

製品概要  Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。

オススメユーザー  場所を問わずに申請・承認・決裁を行うことで、承認スピードのアップや管理工数の削減を実現したい企業。


ジョブカンワークフロー  2016/12/01


Donuts

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【初期費用】   0円【サポート費用】   0円【月額費用】  無料版: 0円  有料版: 月額200円〜/1ユーザー(税別)

カテゴリ  ワークフロー | 勤怠管理システム

製品概要  誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。

オススメユーザー  社内の申請・承認を紙で行っている企業。現在お使いのワークフローに「難しい、高い、使いにくい」などの不満を持つ企業。


楽楽精算  2016/08/15


ラクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【初期費用】10万円【月額費用】3万円〜(※利用者数に応じて変動)※いずれも税別

カテゴリ  会計システム | ワークフロー | 電子帳票システム

製品概要  交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

オススメユーザー  交通費精算や経費精算を紙やExcelで処理しており、申請・確認・精算業務など煩雑な作業を効率化したい企業。


「企業 申請 承認」に関する特集



 この連載では3回にわたり、企業のワークフローの現状がどうなっているのか、ワークスタイルが変わりゆく今どのような視点でワークフロー改革を行うべきなのかを考察している。第1回・第2回では申請・承認ワークフローが必要な理由、「手作業」でワークフローを行う問題点、承認申請システム導入に伴って得られる効果などを解説した。 最終回となる今回は、承認申請システムについての課題や不満の具体的な内容を確認し、ワークスタイル変革時代を迎えた今、どのようなワークフローシステムを選択すべきか考えていく。


カテゴリ  ワークフロー |




 BCP(事業継続計画)や人材確保の観点から、在宅勤務など場所や時間に捉われない働き方に注目が集まっている。総務省もICT活用、地方創生などを掲げてテレワークの普及促進に取り組んでおり、新しいワークスタイルに寄せられる期待は大きい。今後、こういったワークプレイスのマルチ化は拡大していくと考えられるが、実際に企業が導入するには様々なハードルが残っている。 その1つが企業に欠かせない「申請・承認ワークフロー」だ。「上司が不在だから承認がもらえない」「申請・承認のために会社に戻らなくてはいけない」など、ワークフローには場所の制約がつきものだ。どこかに集まって働くことを前提とした現在の申請・承認の仕組みのままではワークスタイルの変化に対応しきれなくなっているのだ。 この連載では3回にわたり、企業のワークフローの現状がどうなっているのか、ワークスタイルが変わりゆく今どのような視点でワークフロー改革を行うべきなのかを考察していく。 第1回の今回は「そもそもなぜ企業に“申請”や“承認”が必要なのか?」という原点に立ち返りながら、企業にワークフローが必要な理由を整理したうえで、手作業でのワークフローの負荷について解説する。


カテゴリ  ワークフロー |




 情報漏洩対策は、すべてのデータが社外に持ち出される可能性があることを前提にして考えることが重要です。万が一、ファイルが流出した際の備えとしてはファイル暗号化が有効ですが、社内のファイルを100%暗号化することは現実問題として不可能です。 そして、当然ながら情報流出への備えも重要です。ファイルの暗号化に加えて、ファイルの持ち出しを水際で防ぐ対策が欠かせません。この水際対策は、データ活用の段階に応じて多層的に行う必要があります。 第一段階として、データの持ち出し経路を制限し、制御することがあげられます。スマートフォンやタブレット、USBメモリなどの外部デバイスや、ネットワーク、プリンタ、外部メディアなどの利用の制限・制御です。制御対象には、業務内容に応じてWebカメラやイメージスキャナなども含まれます。これは、「データを外に出させないこと」を目的とした対策です。 次に、データを持ち出す際の履歴管理です。組織活動において、一切のデータを持出さないということはありえません。ですから多くの企業・法人では、メールによる申請や所定の申請書、もしくは口頭でデータ持ち出しに際して上長の承認を得るというようなルールで運用しているようです。 さらに、承認されたデータの持ち運びはセキュリティ対策をしたデバイスを使用することが推奨されます。企業・法人が管理するデバイスで、かつデータのコピーや移動が制限でき、しかも操作ログを記録するなどしておけば安全ですね。 「データを外に出さない」ための対策、さらに「持ち出さざるを得ないデータを管理する」ための対策、「安全にデータを持ち運ぶ」ための対策。このように情報の利用段階にあわせた多層的な対策がなされているのが理想です。


カテゴリ  暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「企業 申請 承認」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ