「仮想化サーバー 情報漏えい リスク」から探す!IT製品・セミナー情報

「仮想化サーバー 情報漏えい リスク」 に近い情報
「情報漏えい リスク」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「仮想化サーバー 情報漏えい リスク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説サーバーとは?

ここで取り上げている「サーバー」は、コンピュータネットワーク上でほかのコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバーの種類には「PCサーバー」「UNIXサーバー」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバーは「Webアプリケーションサーバー」「データベースサーバー」「ファイルサーバー」などといったものがある。サーバーに搭載されるOSは「サーバーOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバー運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「情報漏えい リスク」に関するIT製品情報

ネットワーク接続機器管理・遮断ソフトウェア 「RS-SHADAN」  2018/04/06


エス・シー・ラボ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理

製品概要  ネットワークに接続される機器情報(デバイス情報、デバイス管理情報、利用者情報)を自動収集し、リスクのあるPCを遮断するセキュリティ強化ソリューション。

オススメユーザー  未許可の持ち込み端末による社内ネットワークへの接続を遮断し、情報漏えいやウイルス感染拡大などのリスクを排除したい企業。


データ損失防止ソリューション『RSA Data Loss Prevention』  2013/07/16


EMCジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | ワークフロー | データ分析ソリューション | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ITインフラを横断的に監視し、重要データの流出を阻止する。タイムリーに保護すべき重要データを発見、適切にコントロールすることで、漏えいによるビジネスリスクを低減。

オススメユーザー  ■総合的な情報漏えい対策を考えている、 または情報保護意識の高い企業 ■エンドポイント偏重の対策では不十分だと感じている企業


NEC Information Assessment System  2018/04/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50万円〜(希望小売価格・税別)

カテゴリ  サーバー管理 | 文書管理

製品概要  ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。

オススメユーザー  ファイルサーバの肥大化やアクセス権管理に課題を抱えている企業。


遠隔データ消去 クラウドサービス 「TRUST DELETE Biz」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 年額費用:8280円 /デバイス※税別

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | その他スマートデバイス関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  盗難・紛失したモバイルPC・タブレットのデータを遠隔消去できるクラウドサービス。ロック機能や位置情報取得機能なども装備し、情報漏えいのリスクから企業を守る。

オススメユーザー  社員が利用するモバイルPCやタブレットの盗難・紛失に備えた事後対策を強化したい企業。


脆弱性ツール診断  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 35万円(税別)/1FQDN

カテゴリ  セキュリティ診断 | その他WEB構築関連

製品概要  WebサイトのURLを申請するだけで簡単に受けられる、サイトの脆弱性診断。最新のセキュリティ情報をもとに診断を行い、万が一リスクが見つかった場合には、対応策も提案。

オススメユーザー  自社サイトが改ざんなどの被害を受けないか不安を感じている企業。堅牢な情報漏えい対策を行いたいと考えている企業。


「情報漏えい リスク」に関する特集



 第2回の本稿では、「内部からの情報漏えい対策」という視点から、マイナンバーの漏えいするリスクとそれを防ぐ対策について説明します。


カテゴリ  ID管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連




取引先が未対応、電力がないと閲覧・編集ができない、情報漏えいがリスク……完全なペーパーレス化が進まない実態を調査。


カテゴリ  帳票管理システム | 複合機 | 電子帳票システム




 過去に発生した情報漏えい事件の要因を探っていくと、大きく分けて2つのグループに分類されます。1つは、第2回において解説した従業員や関係者による内部からの情報漏えい、そしてもう1つが、悪意を持った外部犯による特定組織を狙った情報詐取、いわゆる「標的型サイバー攻撃」と呼ばれるものです。 第3回となる本稿では、「外部からの不正アクセスによる情報漏えい対策」という視点から、この標的型サイバー攻撃に注目し、マイナンバーの漏えいするリスクとそれを防ぐ対策について説明します。


カテゴリ  ファイルサーバ | Webアプリケーションサーバ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「仮想化サーバー 情報漏えい リスク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ