「仮想化 バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「仮想化 バックアップ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「仮想化 バックアップ」に関する記事情報

サーバ仮想化ソフトの導入状況(2013年)

IT担当者312人に聞いた、導入状況、導入目的、導入しない理由は? 「バックアップが不安」といった不満の声もあり、実態が明らかに。

「仮想化 バックアップ」に関するIT製品情報

15分未満のRTOとRPOを実現、大規模化が進む仮想化環境におけるデータ保護の秘訣

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境へのフラッシュストレージの採用が進む一方、その大規模化・複雑化によりバックアップやDR対策の新たな課題が見えてきた。バックアップシステムの確実性と可視性を高め、運用を容易にする方法とは?

膨れ上がったバックアップ時間を40分の1に、山形銀行が仮想化基盤で変えたこと

株式会社日立製作所

サーバ運用を早くから仮想化で効率化してきた山形銀行。だが、仮想化対象のシステムが増加するにつれバックアップが長期化し、リソースの枯渇という懸念も持ち上がった。FinTechへの対応もにらみ、同行が選んだ新たな仮想化基盤とは。

“無停止”の教務システムを実現、国際基督教大学のバックアップ環境刷新術

arcserve Japan合同会社

国際基督教大学ではBCP対策を含めサーバを仮想化環境へ移行したが、バックアップによるシステム停止やストレージの容量不足が課題となった。仮想化基盤の再構築を機に“無停止バックアップ体制”を構築した、同大学の取り組みに迫る。

HCIのシンプルさをバックアップでも——Nutanix AHV専用ソリューションの実力

東京エレクトロン デバイス株式会社

HCIやそこで動作する仮想化基盤の運用で避けられない課題が、データやアプリケーションのバックアップだ。高可用性はもちろん、運用の容易さを備えた「Nutanix AHV」専用設計のバックアップソリューションの実力とは?

短時間で運用を開始でき、IT人材不足でも運用できるバックアップ環境を構築する

arcserve Japan合同会社

企業規模を問わず、バックアップ/リカバリー環境の構築は重要なタスクだ。 求められるのは、短時間で運用を開始でき、IT人材不足の拠点でも利用できる 環境だろう。その実現を容易にする、仮想化環境の活用方法を紹介する。

「仮想化 バックアップ」に関する新着セミナー

クライム どこでもセミナー「緊急速報!!進化を続けるVeeam最新バージョンの全容を速攻解説!」

株式会社クライム

2019/01/23(水)17:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | バックアップ | 運用管理

「仮想化 バックアップ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。