「仮想パッチ 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「仮想パッチ 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「仮想パッチ 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「仮想パッチ 比較」に関するIT製品情報

Trend Micro Deep Security  2012/07/31


トレンドマイクロ

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 Deep Security Virtual Patch:12万5300円〜/サーバDeep Security Virtual Appliance Anti Virus:16万円〜/CPU※税別

カテゴリ  UTM | ファイアウォール | アンチウイルス | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  物理サーバにはエージェント型、仮想化環境には仮想アプライアンスによるウイルス対策や脆弱性対策(仮想パッチ)を提供する統合型サーバセキュリティソリューション。

オススメユーザー  物理サーバや仮想環境下のOSやWebアプリケーションの脆弱性対策を強化したい企業。VDI環境におけるウイルス対策を行いたい企業。


「仮想パッチ 比較」に関する特集



 前回は、脆弱性を狙った攻撃への対策として仮想パッチという技術を説明したが、今回は具体的にどのような実装方式があるかを説明する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他仮想化関連




 脆弱性対策として、最も効果的といえるのは正式なパッチを迅速に適用することだが、企業の実情としてはパッチ検証に時間がかかるなど、迅速な適用が困難な状況がある。また、ソフトウェアベンダから正式なパッチがリリースされるまでに時間がかかる場合もあり、パッチリリースまでの空白の時間を狙った攻撃の可能性もある。このような中で注目を集めている対策が、仮想パッチによる保護である。


カテゴリ  その他仮想化関連 |




 OSやアプリケーションなど日常業務で利用している様々なソフトウェアには、脆弱性が存在する。昨今では、この脆弱性を利用して悪意あるコードを送り込み、不正プログラムを実行させる攻撃が多数確認されている。本稿では、4回の連載の中で、脆弱性を利用した攻撃の仕組みと実際の攻撃例、企業における脆弱性対策の実情についてまとめ、その対策として注目を集めている仮想パッチについて説明する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「仮想パッチ 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ