「人工知能 特許先行技術調査」から探す!IT製品・セミナー情報

「人工知能 特許先行技術調査」 に近い情報
「人工知能」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「人工知能 特許先行技術調査」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「人工知能」に関するIT製品情報

ビッグデータ自動仕分けエンジン 「JetForce」  2015/12/01


Jetrunテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ検索ソフト | その他情報共有システム関連 | その他データ分析関連

製品概要  ビッグデータをリアルタイムに解析する拡張型テキスト解析エンジン。WebAPIでの連携により、アプリや外部サービスとのシステム連携が可能

オススメユーザー  製造業(特に自動車産業)に特化した、機械学習システムや人工知能を開発する企業向け。


Lit i View EMAIL AUDITOR  2015/07/30


UBIC

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他データ分析関連

製品概要  監査官の調査手法を学習した人工知能が平時のメールから不正の予兆を検知。全数監査の結果から関連メールを自動抽出、高精度なメール監査と工数削減を実現するシステム。

オススメユーザー  機密情報漏洩や国際カルテル、優秀な人材の流出、ハラスメントなどを防止したい企業。メール監査の効率化・精度向上を望む企業。


次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance  2017/02/09


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  アンチウイルス |

製品概要  人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。

オススメユーザー  標的型攻撃、マルウェア対策を検討している企業。従来のセキュリティ対策だけでは足りないと考えている担当者。


「人工知能」に関するセミナー情報

「コールセンターとAI活用の現状・課題」 (2)

ビジネスインテリジェンスネットワーク


開催日

 5月18日(木)

開催地 東京都   参加費 2万8080円(税込)


カテゴリ  コールセンター/CTI | CRM | SFA

概要  今回のセミナーでは4月の第1回に続き第2回目としてコールセンターの支援システムや人工知能の活用に関する取り組みを、先進各社から報告いただくことにします。このセミ…

オススメユーザー  経営者CIO|営業・販売|情報システム部の統括


「人工知能」に関する特集



不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場!訴訟大国アメリカでビジネスを行う際には要チェック!


カテゴリ  文書管理 |




 人工知能は人間の仕事を奪い、いずれは人間の存在そのものをも駆逐する。機械が登場した頃から語られてきた終末論が現実になるかどうかは別として、少なくとも人間の学習能力をコンピュータで再現する技術の1つ、機械学習やディープラーニングはGoogleやIBMを始めとする大手企業によって、ここ数年で劇的に進化を遂げた。単純作業を肩代わりし、より生産的な業務を支援する域には十分到達している。IoTの普及と併せて、多種多様なモノが自動で最適な判断を行い、より便利な世の中になるのだろう。 だが、一方で危惧されるのは、人工知能に対する依存度の高まりだ。日常生活から経済活動まで、あらゆるものが人工知能に頼る時代が来たとき、その人工知能に脆弱性が発見されて攻撃されたらどうなるのだろうか。 「Interop Tokyo 2016」のパネルディスカッション「「人工知能の敵」〜人工知能は完全なるセキュリティの夢を見るか 人工知能への攻撃の可能性を検討する〜」でも、そんな熱い議論が繰り広げられた。


カテゴリ  IPS | IDS




「人工知能」というキーワードは、私たちに両極端な近未来を想起させる。1つは、人間にとって役立つロボットが私たちの仕事を支援し、より快適に暮らせる世界。もう1つは、そのロボットが劇的なスピードで進化した結果、私たちの仕事を奪って人間が不要になる世界だ。「友人のイーロン・マスクやスティーブ・ホーキンスは人工知能を危険視し、規制すべきと提唱している。だが、人工知能の進化を止めることは誰もできない。むしろ、みんな人工知能を愛すべきだ。農業や製造業の効率化と同じように、人工知能を受け入れるべきなんだ」。今回は、ワークスアプリケーションズ主催「COMPANY Forum 2015」のオープニングセッションに登壇したワークスアプリケーションズの代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸氏とGoogle X 創設者のセバスチャン・スラン氏の対談内容をご紹介しよう。スラン氏は自動運転車やGoogle Glassなどの研究開発に携わり、現在は共同創業したオンライン教育サービス「Udacity」でCEOを務めている。


カテゴリ   |


「人工知能」に関するニュース



 エクスウェアは、企業の新卒採用活動向けに、学生のさまざまな問い合わせにAI(人工知能)が自動で応答するサービス「TalkQA for Recruit」の提供を開始する。本サービスでは、会社概要や仕事内容、募集要項に関する質問は既に学習済であるため、回答を用意することで容易に短期間で導入できる。学習済の人工知能モ…


カテゴリ  人事管理システム | FAQシステム




 NTTドコモは、ECサイト用の購買支援システム「ecコンシェル」に、商品やサイトに適したバナー広告を自動で作成する「オートクリエイティブ」機能を追加した。本機能では、広告を掲載するサイトや商品画像を人工知能が判別することで、サイトの構成や色合いを踏まえたバナー広告を作成できる。各サイトや画像の色合…


カテゴリ  EC |




 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、自然な日本語を優れた精度で理解し、必要な情報を自ら聞き出すといった対話ができる人工知能(AI)「Communication Engine“COTOHA”」の提供を10月31日に開始する。価格は月額300万円(税別)〜。COTOHAは、NTTメディアインテリジェンス研究所の膨大な日本語データベース…


カテゴリ  コールセンター/CTI | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「人工知能 特許先行技術調査」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ