「亜種 ウィルス」から探す!IT製品・セミナー情報

「亜種 ウィルス」 に近い情報
「亜種」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「亜種 ウィルス」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「亜種」に関するIT製品情報

エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity  2016/07/01


インテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【マルウェア対策サービス参考価格】初期費用:3万円月額費用:205円/ライセンス〜※契約数量により単価が変わります※税別

カテゴリ  IPS | アンチウイルス

製品概要  マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。

オススメユーザー  端末のセキュリティと動作の軽快さを両立したい企業。新種・亜種のマルウェアなどの未知の脅威からも端末を保護したい企業。


「亜種」に関する特集



 連載最終回となる今回は、ワンクリックウェアに遭遇した時の対策を解説する。初期の頃に出現したユーザを脅迫するためだけのブラウザ上に表示される画面に関しては基本、無視して構わない。冷静に対処し、こちらから電話やメールで連絡をとらなければ問題になることはない。しかしワンクリックウェアに関しては残念ながら無視することができない。OSのリカバリーやアンチウイルスソフト、また駆除ツールを利用するのも1つの手である。今回は前回、前々回で紹介したそれぞれのサンプルに関して手動での駆除方法を紹介する。なお、ワンクリックウェアは非常に多くの亜種があり、今回紹介するものはあくまで一例であり、もちろんサンプルによって動作や駆除手順は異なる。そして、レジストリを操作するため、最悪の場合、Windowsが起動しなくなることもありえる。あくまで参考としてご覧いただきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 2009年「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれたのは、「政権交代」だそうだが、コンピュータウイルスの世界では、2005年頃にすでに政権交代がおこなわれている。すなわち、「アウトブレーク型」攻撃手法から「Webからの脅威」への攻撃手法の交代だ。「アウトブレーク型」の攻撃手法では、多機能な不正プログラムが単発でユーザの元に届き感染被害を及ぼすのに対し、「Webからの脅威」では、HTTPの通信を使用し、比較的単機能な不正プログラムが連続的に送り込まれてくる。一度、きっかけとなる不正プログラムに感染すると、次々に未知の亜種、新種がダウンロードされ、なかなか感染の連鎖から抜け出せない攻撃手法である。また、昨今では、ダウンローダに加え、オペレーティングシステムやアプリケーションの脆弱性の悪用、正規Webサイトの改ざん、USBワーム、ソーシャルエンジニアリング等々、さまざまな手法を巧妙に組み合わせ、ユーザのウイルス感染被害を狙うものが増えてきている。 これにともない、ウイルス対策についても、最新のウイルスパターンファイルの適用だけでなく、Webアクセスコントロール、セキュリティ更新プログラムの適用、システム運用の見直し等、実施すべき対策が増えているのが実情だ。 新しい1年が始まったが、昨今の不正プログラムの傾向はどのようになっているのだろうか。2009年の不正プログラムの攻撃について振り返ってみたいと思う。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「亜種」に関するニュース



 キヤノンITソリューションズは、「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の新バージョンを12月8日に発売する。本製品は、ウイルス定義データベースにない新種や亜種のウイルスでも検出できる「ヒューリスティック技術」を中心に、さまざまなアプローチによる「多層防御機能」を強化することで、エンドポイント…


カテゴリ  アンチウイルス |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「亜種 ウィルス」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ