「事例 データベース 暗号化」から探す!IT製品・セミナー情報

「事例 データベース 暗号化」 に近い情報
「事例 データベース」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「事例 データベース 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「事例 データベース」に関するセミナー情報

第69回事例研究フォーラム 締切間近

アイエルアイ総合研究所


開催日

 12月9日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BI | EAI | その他開発関連

概要  Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|プログラマ


「事例 データベース」に関する特集



「社員の顔と名前が一致しない…」そんなケースに悩む社員も多いはず。放置しておくと、全社の一体感が損なわれる危険性も…。今回の導入事例は「“顔”が見える人材データベース」。果たして、その導入効果は?


カテゴリ  人事管理システム |




 前回は不正プログラムの増加傾向と、Webからの脅威の事例を紹介したが、今回はパターンマッチング方式の限界について解説する。セキュリティベンダが従来のパターンマッチング方式の限界を声高に謳うことに不安を感じるかもしれない。しかしながら、多くのインシデント対応を実際の現場で行ってきた我々は、ボットが台頭してきた2004年ごろから従来のパターンマッチング方式だけに頼った対応に限界を感じていた。パターンマッチング方式以外にどんな方式があるのか、また、パターンマッチングを補完する新しいセキュリティ技術はどのようなものなのかについては追ってご説明するが、まずは、なぜ従来のセキュリティ対策であるパターンマッチング方式だけでは昨今の脅威に対抗するのには限界があるのかについて説明したいと思う。 従来のセキュリティ対策として広く浸透しているパターンマッチング方式とは何かについて簡単に説明しよう。パターンマッチングとは、不正プログラム内の特徴的な部分を「パターン」として取り出してデータベース化しておき、それを検索対象のファイル内容と照合(マッチング)する方法のことだ(図1)。検索対象のファイルが同じコードを持っていた場合、そのファイルはウイルスであると特定する方式である。基本的には個別の不正プログラムとパターンは1対1の関係であり、不正プログラムとパターンの関係は指名手配犯と指名手配写真の関係によく例えられる。


カテゴリ  アンチウイルス |


「事例 データベース」に関するニュース



 アシストは、高速分析用DB「HPE Vertica」が、ディップのビッグデータ活用基盤として導入されたと発表した。「HPE Vertica」は、大量データの分析処理を高速に実行する、シンプルで拡張性に優れた列指向型のDB。情報系や分析系システムでのパフォーマンスとコストの改善を図れ、ビジネスでの迅速な意思決定を支援…


カテゴリ  データベースソフト | DWH | データ分析ソリューション




 パイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」を、ゲームオンが顧客向けメール配信基盤として導入したと発表した。ゲームオンでは、メールを配信するたびに、顧客情報を管理しているデータベースからメールアドレスをダウンロードし、同社が独自に構築した配信システムに手作業でデータをアップロード…


カテゴリ  電子メール | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「事例 データベース 暗号化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ