「主体とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「主体とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「主体とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「主体とは」に関するIT製品情報

固定資産管理システム シサンM7  2013/07/01


イルテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス36万円〜(税別)

カテゴリ  会計システム | ERP | ワークフロー | 帳票管理システム

製品概要  財務会計機能を主体に、マルチスタンダードに対応した固定資産管理システム。平成10/11/12/19/20/23年の各税制改正や市町村統廃合などに無償でバージョンアップ対応。

オススメユーザー  税制改正に対応し、かつ会計基準やIFRSに対応する本格パッケージであって、なお手軽な運用を実現したい企業。


「主体とは」に関する特集



 2010年12月IPAは、「“ドライブバイダウンロード(攻撃)”の危険性」についてプレスリリースを通じて公表した。この話の主体となっているのは話題のガンブラー攻撃であるが、ドライブバイダウンロード攻撃のように利用者側の環境に不備がある場合(OSやアプリケーションの脆弱性が解消されていない場合)以外にも、Webサイトからの脅威は存在する。 3回にわたってお届けする本シリーズでは、Webサイトからの脅威を解説していく。Webサイトを訪問する際の心構え(セキュリティ意識)を、これを機に今一度考えていただければ幸いだ。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




最終回の今回は運用を統括する責任者における課題と解決について解説する。以前は開発部隊から引き継いだシステムを運用するのが運用部隊の役目だったが、ITサービスマネジメントが重要視されているように運用と利用者の距離は近くなっている。運用部隊は開発部門だけでなく利用者も意識し、サービスデスク機能を中心として主体的にITサービスの提供するようになっている。運用責任者としては利用者のニーズを的確に把握し、利用者の事業発展に貢献するITサービスの提供が求められる。さらに、刻々と変化する事業環境に素早く対応し更に価値を高めるために、運用を継続的に改善していく必要がある。


カテゴリ  その他運用管理関連 |




 「人と人」をつなぐツールとして今までコンシューマ主体でにぎわいを見せていたソーシャルネットワークサービス(SNS)が、「お客様と企業」をつなぐツールとして企業でも利用されるケースが多くなってきた。WebページやBlogとは違った即効性のある情報を、その強力な拡散力で急激に広めることができる仕組みに企業の熱い視線が注がれているからだ。しかし、その活況の一方ではソーシャルID/パスワードの流出や、流出したソーシャルID/パスワードが別サイトで不正利用されるなど、セキュリティ事故も頻繁に報道されるようになってきている。 ここでは4回にわたり、SNS活用のメリットとセキュリティ上の脅威、そして脅威への有効な対策などを、ユースケースを利用しながら考察していきたい。


カテゴリ  認証 |


「主体とは」に関するニュース



 サムライズは、BI・クエリツール「オープンテキスト・ビジネス・インテリジェンス(OTBI)」のWindows 10対応版をリリースした。価格は、管理者用の「Admin」が29万9000円、利用者用の「Update」が11万円〜(いずれも税別)で、後者はボリュームディスカウントも用意する。OTBIは、マウス主体の簡単な操作で、定型…


カテゴリ  BI |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「主体とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ