「不正送金 UTM効果」から探す!IT製品・セミナー情報

「不正送金 UTM効果」 に近い情報
「不正送金」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「不正送金 UTM効果」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説UTM【Unified Threat Management】とは?

UTM(Unified Threat Management)は、主にインターネットと社内ネットの境界(ゲートウェイ)に設置し、通信の内容をセキュリティ上のさまざまな視点でチェックして、社内ネットワークと社外ネットワークの接続制御を行うシステム。ファイアウォールに加え、IPsec VPN、IDS/IPS、アンチウイルス、Webとメールのフィルタリング、更にSSL-VPNやWAF、DLP(Data Loss Prevention)、次世代ファイアウォールなどの防御対策機能が搭載されている。

「不正送金」に関する特集



2014年度のオンラインバンキングに関わる不正送金は1876件、被害は29億円(法人口座だけで10億超)と過去ワースト。対策の術は?


カテゴリ  アンチウイルス | フィルタリング | ワンタイムパスワード




 昨今、オンラインバンキングの不正問題が相次いでいる。新聞、テレビ、ニュースなどで毎日注意喚起がなされており、だいぶユーザにも浸透しつつある。その社会情勢の中で、セキュリティに対するコンサルティングのお仕事をさせていただいており、いろいろな方と会話をさせていただく中で、気になっている点が増えてきたため、今回本寄稿をさせていただくこととした。 本寄稿では多々ある攻撃手法の中でも、1番被害が大きいと思われる「なりすまし不正ログイン」に焦点を当てている。なりすましログイン以外の不正送金攻撃については機会があれば別途触れさせていただくが、今回はご容赦いただきたい。


カテゴリ  PKI | ワンタイムパスワード




 本寄稿は4回連載における2回目となる。第1回目ではオンラインバンキングのおける業界的なOTPとPKIの使い分けについて、それらの認証強度の違い、PKI認証の安全性に疑義が生じている現状をまとめさせていただいた。第2回目となる今回は、OTP認証に比べてPKI認証が強固であるといえる別の技術的側面をまとめさせていただくとともに、証明書を盗む手口などをブラウザ種別ごとにまとめさせていただきたい。


カテゴリ  PKI | ワンタイムパスワード



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「不正送金 UTM効果」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ