「不正 DHCP サーバ WIRESHARK」から探す!IT製品・セミナー情報

「不正 DHCP サーバ WIRESHARK」 に近い情報
「不正 サーバ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「不正 DHCP サーバ WIRESHARK」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「不正 サーバ」に関するIT製品情報

PC/メディア/共有フォルダの暗号化 秘文 Data Encryption  2016/09/01


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Encryption (買取ライセンス) 1万円/台(税別)秘文 Data Encryption 年間利用ライセンス 5000円/台(税別)

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。

オススメユーザー  PCやメディア、ファイルサーバ上の共有データを暗号化して、第三者に中身を「見せない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


IT統制・統合ログ管理システム 「WEEDS」  2014/12/15


ウイーズ・システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | 検疫 | 暗号化 | データ分析ソリューション | サーバー管理

製品概要  情報システムのデータベースアクセスログ、サーバ操作ログを統合管理し、不正抑止、事後追跡、自動監査などを実現する統合ITコントロール基盤ログ管理システム。

オススメユーザー  IT統制におけるアクセス監査の精度を高め、情報漏洩対策、不正アクセス検知などセキュリティを万全にしたい金融機関、企業など。


PC操作記録 iDoperation SC  2016/04/01


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンドアロン版:3万8400円〜エンタープライズ版:98万8800円〜※1PCの録画を前提とした最小構成価格※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | フォレンジック

製品概要  サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。

オススメユーザー  マイナンバー制度における情報漏洩対策を行いたい企業。内部不正対策のためサーバーやPCでの操作をすべて記録したい企業。


Barracuda Load Balancer  2016/05/25


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 モデル240:36万5000円モデル340:48万円モデル440:96万5000円(すべてハードウェア・初年度保守込・税抜)価格

カテゴリ  ADC/ロードバランサ |

製品概要  トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。

オススメユーザー  社内ネットワークのトラフィックが増え、サーバにかかる負荷が増大し、レスポンス低下などの問題を抱えている企業。


Shell Control Box (SCB)  2016/05/09


ジュピターテクノロジー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 バーチャルアプライアンス:325万円〜アプライアンス(T1):468万円〜※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | 検疫 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  サーバー・PCの操作を監視し、操作画面を記録・検索・再生。画面記録は完全な監査証跡となり、コンプライアンス・監査対策に最適。バーチャルアプライアンスも選択可能。

オススメユーザー  内部不正による情報漏洩対策を検討している企業社内機密情報へのコンプライアンス及び監査目的のセキュリティ対策が必要な企業


「不正 サーバ」に関する特集



 前回、概要を述べたDigiNotarによる不正SSLサーバ証明書発行事件が具体的にどのような事件であり、どのような影響が考えられるのかについて見ていくための準備として、今回は2つのキーワードを解説する。そのキーワードとは「SSLサーバ証明書が発行されるためのPKIの仕組み」と「Comodo Hacker」である。


カテゴリ  PKI |




 セキュリティ事故発生から (Vol.1)インシデントレスポンスと、 (Vol.2)アセスメントによる改善・強化策のプロセスを説明してきました。本連載(全4回)の第3回では、社内のネットワーク上での不正アクセスや内部犯による情報窃取を見逃さないためにも、多くのネットワーク機器・サーバー、不正防御検知システムや管理機器の出力するログ管理と分析活動から、企業の重要なリスク回避につながる基本的なプロセスを取り扱います。


カテゴリ  統合ログ管理 | ID管理




 これまで本連載において、第1回目では、不正プログラムの増加とスピードの変化、第2回目ではパターンマッチング方式の限界、第3回目ではパターンファイルに依存しないセキュリティを説明してきた。最終回となる今回は、連鎖的な攻撃をどのように防ぐかについて説明する。攻撃を防ぐには、当たり前のことであるが、まず攻撃手法を知る必要がある。まずは、昨今の代表的な脅威である「Webからの脅威」についておさらいをしたい。 「Webからの脅威」とは、不正プログラムが侵入や感染、情報送信の目的でWebサイト(HTTP通信)を利用する攻撃手法の総称だ。侵入や感染経路がスパムメールのハイパーリンクであったり、USBメモリのリムーバブルディスクであったりしても、最終的に情報送信にHTTP通信を使用する場合は「Webからの脅威」と言える。この「Webからの脅威」の最大の特徴は感染の連続性である。 図1は典型的な「Webからの脅威」を示したものだ。最初にウイルスAが感染する方法は、スパムメールのハイパーリンク、不正なWebサイト、改ざんされた正規Webサイト、リムーバブルディスクなど多種多様である。一度入り込んだウイルスAがWebサーバ(1)に接続しウイルスBをダウンロードする。続いて、ウイルスBがWebサーバ(2)に接続し、ウイルスCをダウンロードしていくなど感染の連続性が特徴であることが理解できるだろう。もちろん、攻撃者が任意にダウンロードさせる不正プログラムを変更することが可能なため非常にダイナミックな攻撃が展開される。 我々が対応したセキュリティインシデントの中では1度のインシデントで十数種類の異なる不正プログラムに感染することも珍しくない。補足だが、我々は感染の連続性の原因を調査する際に、最初の不正プログラムのことをマザーウイルスといって区別して呼ぶ場合もある。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「不正 サーバ」に関するニュース



 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」に有償のオプション機能を追加し、「Ver. 8.5 SP2」として8月末に発売する。今回追加されるオプション機能では、ファイア・アイ社の標的型攻撃対策製品と連携し、検知されたC&Cサーバとの不正な通信を自…


カテゴリ  フィルタリング | IPS




 スワットブレインズは、ネットエージェントのファイアウォール「OnePointWall 2.0」を搭載したアプライアンスサーバの新型「AS-2090」を発売した。本ファイアウォールは、標的型攻撃やランサムウェアといったマルウェアを遠隔からコントロールするCommand&Control(C&C)サーバとの不正通信を検知・遮断できる。…


カテゴリ  ファイアウォール | その他サーバー関連




 株式会社オレガは、Windows上で共有フォルダのアクセス記録を管理するファイルサーバーログ管理ソフトウェア「VVAULT AUDIT 3.0」のダウンロード提供を開始した。今回の「3.0」では、ユーザが独自に作成した監視ルールに基づいて、不正アクセスをリアルタイムに検知する“アクセス監視機能”が開発され、100名以…


カテゴリ  統合ログ管理 | DLP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「不正 DHCP サーバ WIRESHARK」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ