「ワークフロー 必要 企業」から探す!IT製品・セミナー情報

「ワークフロー 必要 企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ワークフロー 必要 企業」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ワークフローとは?

ワークフローツールとは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールのこと。主な用途としては稟議申請や経費精算などで、例えば稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提となるため、稟議内容によっては複雑なルートを辿ることもある。また経費精算の場合は、会計システムとの連動が行われることが多いが、事前に設定するフローはシンプルで、複雑なルートを辿ることは少ない。

「ワークフロー 必要 企業」に関するIT製品情報

パソコン決裁 DocGear 3 クラウド  2016/09/15


シヤチハタ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:8万円(税別)月額費用:1万2000円〜(税別)

カテゴリ  ワークフロー | 暗号化

製品概要  承認フローを電子化し、業務を効率化するクラウド版のワークフローシステム。承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。

オススメユーザー  ・WordやExcelを添付して回覧したい企業・印鑑を必要とする企業・文書管理も行いたい企業


GRANDIT  2016/12/01


GRANDIT

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ERP | EDI | ワークフロー | BI | EC

製品概要  経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

オススメユーザー  必要なモジュールからの段階的な導入やグループ企業への展開をお考えの企業。内部統制対応を検討中の企業。


販売・在庫管理システム glan system  2012/10/01


オペレーションシステム・ソリューションズ

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:無料月額費用:4万円〜(税別)

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 在庫管理システム | 販売管理システム | CRM

製品概要  販売管理・在庫管理に必要な機能を、社内・社外問わず必要な人に、必要なだけ提供できる。委託販売・受託販売にも対応し日常業務を取引先も含めて全体的に最適化できる。

オススメユーザー  中小企業。卸売業者・メーカー。自社販売だけでなく委託販売、受託販売にも対応し、取引先とシステムを共有されたい方。


データエントリーソリューション e-Entry Express+  2016/06/15


日商エレクトロニクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ユーザパック:300万円(税別)〜

カテゴリ  帳票管理システム | ワークフロー | 統合ログ管理

製品概要  申込書や伝票といった帳票の入力業務に必要な機能を取込からエントリー、エクスポートまで備えたWebイメージエントリーツール。企業のデータエントリー業務を効率化する。

オススメユーザー  多拠点・分散型に対応したエントリーシステムをお探しの企業。金融業、保険業など申込審査の入力処理業務を効率化したい企業。


Nexus HRCM  2015/01/01


日立ソリューションズ・クリエイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。(フリーライセンス)

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 在庫管理システム | 販売管理システム | 特定業種向けシステム | 開発ツール

製品概要  企業における調達・購買業務に必要な業務機能を、テンプレート化したシステム。既存システムとの柔軟な連携が可能。

オススメユーザー  派遣/期間請負の管理や、36協定/派遣法などへの法対応を行いたい企業。購入の決済業務、ルールを整備したい企業にも。


「ワークフロー 必要 企業」に関する特集



 この連載では3回にわたり、企業のワークフローの現状がどうなっているのか、ワークスタイルが変わりゆく今どのような視点でワークフロー改革を行うべきなのかを考察している。第1回・第2回では申請・承認ワークフローが必要な理由、「手作業」でワークフローを行う問題点、承認申請システム導入に伴って得られる効果などを解説した。 最終回となる今回は、承認申請システムについての課題や不満の具体的な内容を確認し、ワークスタイル変革時代を迎えた今、どのようなワークフローシステムを選択すべきか考えていく。


カテゴリ  ワークフロー |




 BCP(事業継続計画)や人材確保の観点から、在宅勤務など場所や時間に捉われない働き方に注目が集まっている。総務省もICT活用、地方創生などを掲げてテレワークの普及促進に取り組んでおり、新しいワークスタイルに寄せられる期待は大きい。今後、こういったワークプレイスのマルチ化は拡大していくと考えられるが、実際に企業が導入するには様々なハードルが残っている。 その1つが企業に欠かせない「申請・承認ワークフロー」だ。「上司が不在だから承認がもらえない」「申請・承認のために会社に戻らなくてはいけない」など、ワークフローには場所の制約がつきものだ。どこかに集まって働くことを前提とした現在の申請・承認の仕組みのままではワークスタイルの変化に対応しきれなくなっているのだ。 この連載では3回にわたり、企業のワークフローの現状がどうなっているのか、ワークスタイルが変わりゆく今どのような視点でワークフロー改革を行うべきなのかを考察していく。 第1回の今回は「そもそもなぜ企業に“申請”や“承認”が必要なのか?」という原点に立ち返りながら、企業にワークフローが必要な理由を整理したうえで、手作業でのワークフローの負荷について解説する。


カテゴリ  ワークフロー |




 企業の事務ワークフローの中にはExcel帳票で集計業務を行うことが多い。会計などの仕組みがシステム化される一方、細かな事務処理作業はシステム化から取り残されていたり、現場が「運用でカバー」しているケースも少なくないだろう。 例えば、経費精算などで「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」といった運用をしてはいないだろうか? こうしたケースでは、定型の帳票を使っていながら、担当者が都度入力する必要があったり、提出されたデータを手動でコピー&ペーストする必要があったりと、ムダなプロセスが多い。 グレープシティが2016年4月20日に発表したExcel帳票の集計業務を効率化するクラウドサービス「Masume(ますめ)」は、こうしたあらゆる企業に残る”手作業集計”のムダを解消するために開発されたという。 この製品のキモは、他の組織から見ると「ワークフローが変わらない」点にある。 ワークフロー全体を切り替えるような集計業務効率化を検討する場合、導入する際に取引先や関係部署を巻き込んで新しいワークフローを学習させるところにまで責任を持たなくてはならず、導入が非常に大掛かりになってしまう。一方、ワークフローが変わらない場合であれば、導入部門の意思で素早く導入できる。


カテゴリ  帳票管理システム | データベースソフト | ワークフロー | その他情報システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ワークフロー 必要 企業」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ