「ワークフロー セキュリティ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ワークフロー セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ワークフロー セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ワークフローとは?

ワークフローツールとは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールのこと。主な用途としては稟議申請や経費精算などで、例えば稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提となるため、稟議内容によっては複雑なルートを辿ることもある。また経費精算の場合は、会計システムとの連動が行われることが多いが、事前に設定するフローはシンプルで、複雑なルートを辿ることは少ない。

「ワークフロー セキュリティ」に関するIT製品情報

Web対応電子帳票システムe-COOD  2017/07/01


日商エレクトロニクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  電子帳票システム | ワークフロー

製品概要  Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。

オススメユーザー  帳票出力のコスト削減を検討している企業。セキュリティの強化や帳票データの活用を推進している企業。


文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus  2017/11/01


住友電工情報システム

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 150万円(税別)〜※詳細は別途お問い合わせ下さい。

カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | ファイル共有

製品概要  簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

オススメユーザー  オフィス文書、技術文書、画像など大量の文書を保有する企業。文書管理の効率化、検索性向上、活用促進を検討中の企業など。


intra-mart Accel Platform  2017/11/01


NTTデータ イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 100万円〜(CPU課金、税別)

カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | EIP

製品概要  JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。

オススメユーザー  全社、全グループで活用できるシステム基盤により収益向上を目指す企業。ソーシャル等の活用で顧客との接点を強化したい企業。


次世代ドキュメント・ファイリング・ソフトウェア「NaviID」  2015/06/01


日商エレクトロニクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ワークフロー | ファイル共有 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合運用管理

製品概要  企業内で発生する大量の紙文書・イメージデータ等の不定形データを統合管理するオールインワン・パッケージのドキュメント・ファイリング・ソフトウェア。

オススメユーザー  各種申込書や健康保険レセプトなどのファイリングにおいて、イメージング・保管・検索の業務効率化を検討している企業。


SKit FLEXi(スキット・フレキシー)  2012/09/03


NTTデータセキスイシステムズ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額(税別)基本利用料:8万4000円/1社〜ユーザ利用料:4000円/1人〜※最低利用料:25万円/1社〜

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 在庫管理システム | 会計システム | セキュリティ診断 | 認証

製品概要  クラウド型統合基幹業務システム。販売・仕入・在庫管理、会計、情報分析から構成。充実した導入/運用支援など、ユーザ視点で支援可能。コスト削減、運用負荷軽減に貢献。

オススメユーザー  社内での基幹システム管理に限界を感じ、運用負荷軽減を図るとともに、コスト削減や業務効率化も実現したい企業。


「ワークフロー セキュリティ」に関するセミナー情報

G Suite(旧名:Google Apps)活用オンラインセミナー 締切間近

サテライトオフィス


開催日

 12月4日(月)〜12月5日(火),12月20日(水)〜12月21日(木)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | ファイル共有

概要  G Suite を導入する上で、メール機能の有効活用、カレンダーの有効活用、組織管理方法、シングルサインオンなどのセキュリティ強化策、Googleドキュメントを…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


G Suite(旧名:Google Apps)活用オンラインセミナー

サテライトオフィス


開催日

 1月15日(月)〜1月16日(火)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | ファイル共有

概要  G Suite を導入する上で、メール機能の有効活用、カレンダーの有効活用、組織管理方法、シングルサインオンなどのセキュリティ強化策、Googleドキュメントを…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


「ワークフロー セキュリティ」に関する特集



セキュリティ面やワークフロー機能等の充実により、リプレース需要での市場拡大が見込まれる文書管理ツールのシェア情報を紹介♪


カテゴリ  文書管理 |




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「ワークフロー セキュリティ」に関するニュース



 東京エレクトロン デバイス(TED)は12月7日、セキュリティ機器の運用を自動化するソフトウェア「Phantom platform」を発売した。価格は、年間サブスクリプションが1500万円(税別)から。Phantomが提供する本ソフトウェアでは、セキュリティインシデント(事件や事故)が発生した際の各機器の動作ルールをワーク…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | BPM | その他運用管理関連




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は9月1日、情報漏えい対策シリーズの新バージョン 「InterSafe ILP Ver. 5.1」を発売した。今回の新バージョンの主な追加機能は2つ。1つ目は、USBメモリなどの外部デバイスを利用してファイルを持ち込む際の申請と承認の機能だ。承認プロセスを経由することで、証跡…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ワークフロー



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ワークフロー セキュリティ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ