「ローカルホスト 確認」から探す!IT製品・セミナー情報

「ローカルホスト 確認」 に近い情報
「確認」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ローカルホスト 確認」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「確認」に関するIT製品情報

緊急連絡・安否確認システム  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【価格例】 100名以下の場合・初期費用:なし・月額費用:1万2000円(税別)

カテゴリ  安否確認システム |

製品概要  ◎東日本大震災の被災経験を活かして開発。◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。

オススメユーザー  簡単操作・低コストで安否確認を行いたい企業


緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24  2014/11/01


イーネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【価格例】1〜100名の場合初期費用 4万8000円月額費用 9800円※税別

カテゴリ  安否確認システム |

製品概要  実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。

オススメユーザー  豊富な機能や簡単な操作性はもちろん、稼働実績を重視したい企業。有事の際、家族を含めた安否確認を行ないたい企業。


サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ライトプラン(50ユーザーパック)年額費用:7万7520円 ※税別

カテゴリ  安否確認システム | その他情報共有システム関連

製品概要  一方的な配信だけなく、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を搭載。報告・確認から、その後の対策指示までが可能な安否確認サービス。

オススメユーザー  災害などの緊急時に、より綿密なコミュニケーションが取れる安否確認システムを探している企業。


災害安否確認システム 安否コール  2017/12/05


アドテクニカ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 導入費用 10万5000円(初期サポート含む) (税別)月額費用(100名プラン) 1万5000円〜 (税別)

カテゴリ  安否確認システム | 社内SNS | その他情報共有システム関連

製品概要  ID/PW不要の一斉連絡ツール。回答率100%を目指す直感的な管理機能があり、700法人20万ユーザーの導入実績を持つ。

オススメユーザー  災害時の従業員および家族の安否確認を、スピーディーかつ正確に行いたい企業。古い安否確認システムから乗り替えたい企業。


勤務先のクライアント端末に関するアンケート  2018/01/18


デル株式会社

価格 製品詳細ページでご確認ください。

カテゴリ  デスクトップパソコン | タブレット | ノートパソコン | シンクライアント


「確認」に関するセミナー情報

モダナイゼーションにおける成功の秘訣

富士通エンジニアリングテクノロジーズ


開催日

 2月13日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データ分析ソリューション | その他基幹系システム関連 | その他情報システム関連

概要  ここ数年、様々な企業様でシステムの老朽化が進み、システムを一新する動きがあります。そこでシステムを再構築するために現状を確認するのですが、ドキュメントが古い、情…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用


「確認」に関する特集



災害が発生した際の有事はもちろん、通常業務でも使える「安否情報確認システム」が旬。果たしてその使い方とは?


カテゴリ  安否確認システム |




世界でも有数の地震大国、日本。地震を根本から防ぐことはできませんが、地震発生時に早急な対応がとれるように準備することは可能です!「安否情報確認システム」を選ぶ際の7つのポイントをご紹介します。


カテゴリ  安否確認システム |




 震災や新型インフルエンザの流行など、緊急事態に対応する「安否情報確認システム」。今回は事業継続計画(BCP)の観点から、基礎知識、最新の注目機能、製品/サービス選びのポイントまで詳しく紹介します。


カテゴリ  安否確認システム |


「確認」に関するニュース



 ディー・ディー・エスは、遠隔地の客がスマートフォンなどを用いて対面型の本人確認手続きを行えるようにするサービス「どこでも本人確認」の提供を開始する。本サービスでは、ビデオ通話などを用いて、オンラインでの対面による本人確認と証明書類の回収を同時に行える。利用の流れとしては、まず、客が申し込み用…


カテゴリ  認証 | コールセンター/CTI




 ディーボは8月10日、社内SEO実験結果と最新のSEO情報を公開するブログ「SEOラボ」に、毎日の順位変動状況を確認できるSEOデータを追加した。これによって、SEO担当者が対策中のキーワードで順位変動が発生しているかを確認できる。今回追加したSEOデータでは、キーワードのジャンルごとに、順位変動がどの程度発生…


カテゴリ  その他WEB構築関連 |




 大日本印刷(DNP)は2018年春、金融機関など向けの本人確認用機器「DNP本人確認マルチカードスキャナ(MCS-DS)」を発売する。本製品は、運転免許証、マイナンバーカード・通知カード、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード、運転経歴証明書に対応する。口座開設時の本人確認業務を効率化でき、公的身…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他オフィス機器関連 | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ローカルホスト 確認」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ