「リモートアクセス リスク」から探す!IT製品・セミナー情報

「リモートアクセス リスク」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リモートアクセス リスク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説リモートアクセスとは?

遠隔地から通信回線を使ってコンピュータを遠隔操作すること。リモートアクセスができると、たとえば外出先や自宅から、タブレット、スマートフォン、ノートパソコン等でオフィスの自席パソコンをリモートコントロールすることができる。リモート端末から自席パソコンへインターネットを介してアクセスする場合、SSLを使って通信データを暗号化すれば、インターネット上の傍受による情報漏洩を抑止することができる。

「リモートアクセス リスク」に関するIT製品情報

RSA SecurID ワンタイム・パスワード ソリューション  2013/06/01


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 25ユーザ 44万円(定価・税別)〜

カテゴリ  ワンタイムパスワード | 暗号化 | ID管理

製品概要  ワンタイム・パスワード認証とリスクベース認証でセキュリティと利便性を両立。世界2万5000ユーザの実績を持つ、企業向け認証サーバ。

オススメユーザー  仮想デスクトップ、仮想サーバ、リモートアクセス、無線LAN、Webシステム等に強固な認証基盤を導入したい企業。


スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform  2016/11/20


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50ユーザ:96万円/年(税別)

カテゴリ  MDM | タブレット | スマートフォン | リモートアクセス

製品概要  スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。

オススメユーザー  スマートデバイスを業務で安全に活用したい企業。BYODの導入を考えている企業など。


RSA Archer BCM ソリューション  2013/06/15


EMCジャパン

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | リモートアクセス | BPM | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  立案したBCPの実効性をリスクの視点から管理する「BCM」 を行うために、ビジネス継続性、災害対策、危機管理の3つを単一の管理システムに組み込んだソリューション。

オススメユーザー  多くの部門や人員を抱えているため、新たなリスクが生じた際に組織のどこまで関わるかが明確になりにくいエンタープライズ企業。


企業間大容量ファイル転送・共有サービス 「Smooth Fileクラウド」  2016/07/01


プロット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 全プラン ユーザ数無制限◆共用プラン 5GB〜初期費用:5万円〜月額費用:1万8000円〜※税別

カテゴリ  ファイル転送 | リモートアクセス | ワークフロー | ファイル共有 | 文書管理 | 統合ログ管理

製品概要  ユーザ数無制限で利用できるファイル転送・共有クラウドサービス。電子メールや企業内LANでは難しい大容量ファイルの転送・共有をセキュアに実現。情報漏洩のリスクを防止

オススメユーザー  大容量ファイルの転送・共有を安全に行う仕組みを求めている企業。ファイル転送に潜む情報漏洩などのリスクを回避したい企業。


スマートフォン統合管理システム SPPM 2.0 (Android & iOS)  2012/06/20


AXSEED

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 <ASP>初期費用 4万5000円 ※iOSの場合のみ月次利用料・基本機能パック 150円 /台・フル機能パック 300円 /台※すべて税別

カテゴリ  MDM | リモートアクセス | 認証 | アンチウイルス | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  スマートフォンの紛失、盗難といったリスクに対してのセキュリティ対策機能を完備。ポリシー設定から、利用状況把握、紛失時端末ロック・データ消去までをリモートで行う。

オススメユーザー  ビジネスツールとしてAndroid・iOSスマートフォンを導入している、または導入を検討している企業・団体。


「リモートアクセス リスク」に関する特集



 前回は「ポートホッピング」や「Anonymousプロキシ」を例にセキュリティの回避手法を解説した。今回はリモートデスクトップのセキュリティリスクについて解説する。


カテゴリ  リモートアクセス | ファイアウォール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「リモートアクセス リスク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ