「リハビリ ロボット 製造」から探す!IT製品・セミナー情報

「リハビリ ロボット 製造」 に近い情報
「ロボット 製造」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リハビリ ロボット 製造」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ロボット 製造」に関する特集



 シスコシステムズは国内でのIoT事業強化に向けて、本格的に乗り出した。 2016年1月21日、シスコシステムズとファナックは産業ロボットの稼働率向上で協業すると発表した。工場で稼働する産業ロボットをネットワークに接続して稼働状況を解析、故障予知で生産・製造ラインの停止・中断を回避できるようにする「ゼロダウンタイム(ZDT)」が目標だ。


カテゴリ  ルーター | ネットワークスイッチ | その他ネットワーク関連




「人工知能」というキーワードは、私たちに両極端な近未来を想起させる。1つは、人間にとって役立つロボットが私たちの仕事を支援し、より快適に暮らせる世界。もう1つは、そのロボットが劇的なスピードで進化した結果、私たちの仕事を奪って人間が不要になる世界だ。「友人のイーロン・マスクやスティーブ・ホーキンスは人工知能を危険視し、規制すべきと提唱している。だが、人工知能の進化を止めることは誰もできない。むしろ、みんな人工知能を愛すべきだ。農業や製造業の効率化と同じように、人工知能を受け入れるべきなんだ」。今回は、ワークスアプリケーションズ主催「COMPANY Forum 2015」のオープニングセッションに登壇したワークスアプリケーションズの代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸氏とGoogle X 創設者のセバスチャン・スラン氏の対談内容をご紹介しよう。スラン氏は自動運転車やGoogle Glassなどの研究開発に携わり、現在は共同創業したオンライン教育サービス「Udacity」でCEOを務めている。


カテゴリ   |




 2016年6月21日から23日、東京ビッグサイトにて世界最大級の“ものづくり”専門展「日本ものづくりワールド」が開催された。設計・製造、機械要素技術、医療機器、3D&バーチャルリアリティというテーマを掲げた4つの展示会で構成され、世界中から出展社が集まり、多くの来場者で賑わった。 同時開催の「ものづくりワールド セミナー」では、国内の先進企業による“ものづくりの今”が語られ、現在から未来に向けた各社の様々な取り組みが紹介された。 6月22日の特別講演においては、日本電気 執行役員の松下裕氏とファナック 専務取締役 ロボット事業本部長の稲葉清典氏が登壇し、「IoT」を活用したものづくりについて両社の取り組みを語った。


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「リハビリ ロボット 製造」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ