「リソース ログ収集 ソフト」から探す!IT製品・セミナー情報

「リソース ログ収集 ソフト」 に近い情報
「リソース ソフト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リソース ログ収集 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「リソース ソフト」に関するIT製品情報

サーバ・ネットワーク監視ソフト X-MON  2015/09/07


エクストランス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 9万8000円(10ノード版)〜※税抜

カテゴリ  サーバー管理 | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断 | オープンソース

製品概要  ハードウェアの死活や各種サービス、ホストリソース、トラフィックなどを監視するサーバ・ネットワーク監視ソフト。データセンターやクラウドサービスも一元監視できる。

オススメユーザー  高パフォーマンスな監視ソフトを低コストで導入したい企業。データセンターやクラウドサービスも一元監視したい企業。


CA Clarity PPM  2013/08/01


CA Technologies

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  プロジェクト管理 | ワークフロー | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  プロジェクトの情報を一元的に管理し可視化することで、進捗状況や予算配分、リソースの割り当てなど、トラブルの兆候を発見し、早期に対策を実施できるソフトウェア。

オススメユーザー  プロジェクトの進捗やリソースの管理だけでなく、要求管理から投資判断などを含めたポートフォリオも統合的に管理したい企業。


仮想デスクトップ運用管理ソリューション ISM CloudOne for VDI  2016/03/15


クオリティソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 | パフォーマンス診断

製品概要  通常のIT資産管理に加え、仮想マシンのパフォーマンス監視機能も搭載。リソース不足の原因を素早く特定し、リソースの最適化を行うVDI運用管理ソリューション。

オススメユーザー  仮想化環境を導入している/導入を検討している企業。


Systemwalker Software Configuration Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 認証 | データセンター運用 | ネットワーク管理

製品概要  クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理が実現するソフトウェア。サーバへのパッチ配付/適用も一元管理可能。システム管理者の作業負担を軽減する。

オススメユーザー  サーバ集約/仮想化環境で、動的に変更されるサーバリソース管理作業負担が増加。サーバ管理の負荷軽減と効率化を検討中の企業。


Notes Migrator for Exchange/SharePoint  2013/09/18


デル・ソフトウェア

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 最小構成Notes Migrator for Exchange:標準価格 60万円〜Notes Migrator for SharePoint:標準価格 300万円〜※税別

カテゴリ  データベースソフト | プロジェクト管理 | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール | テストツール

製品概要  Lotus NotesからSharePointへのシンプルかつ正確な移行をスムーズに実現するマイグレーションツール。ダウンタイムを最小限に抑え、管理者の負担を軽減する。

オススメユーザー  Lotus NotesからMicrosoft ExchangeやSharePointなどへの移行を検討中の企業。開発リソースを抑えたい企業。


「リソース ソフト」に関する特集



 前回述べたように、オフライン端末に対する脅威は増大してきており、そのための対策の必要性は高まっている。一方で、オフライン端末にはその用途および環境上の理由から、インターネットに接続して使われている端末と同様の一般的なセキュリティ対策が実施できないケースが多い。それでは、前回検証した企業のオフライン端末へのセキュリティ対策の現状をふまえて、オフライン端末におけるセキュリティの要件をまとめてみよう。 まず、オフライン端末においては、その端末本来の業務用途に必要なもの以外のソフトウェアを追加インストールすると保守の対象外になってしまうなどの理由から、ウイルス対策ソフトをインストールすることができないケースが多いということである。これはすなわち、セキュリティ対策を考えるうえでは、対象端末にウイルス対策ソフトをインストールすることなく、ウイルス検索、駆除、隔離等を実施できることが要件の1つであろう。これが実現できれば、対象の端末が保守の対象外となるような事態を防ぎつつ、適切なセキュリティ対策を施すことができる。また、ウイルス対策を実施するために毎回ソフトをインストールし、実施後すぐにアンインストールするようなケースで費やされる、人・時間のリソースやコストを大幅に削減することが可能だ。 次に、刻一刻と増え続ける不正プログラムの脅威に対応するためには、ウイルスチェックを行う際に適用するパターンファイルは最新のものである必要がある。現在の一般的なウイルス対策ソフトの場合、ネットワークを通じて最新のパターンファイルを取得、適用している。しかし、オフライン端末の場合、その端末上で直接最新のパターンファイルを取得するのは不可能に近いであろう。この環境の中で、可能な限り最新の対策をとれるようにすることが必要である。 さらに、企業のコンプライアンス上、セキュリティ対策を実施したエビデンス(証拠)を残しておくことも重要である。実施した状況を克明に記録しておくことで、問題の原因追求や検証、再発生の防止などに大きな威力を発揮するであろう。


カテゴリ  アンチウイルス |


「リソース ソフト」に関するニュース



 株式会社ラネクシーは、米国Netwrixが開発したITシステム変更管理ソフトウェア「Netwrix Auditor」の出荷を6月29日(予定)に開始する。「Netwrix Auditor」は、ネットワーク上のリソースに蓄積されたActive Directory(AD)やファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などの…


カテゴリ  統合ログ管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「リソース ログ収集 ソフト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ