「ラルフベア」から探す!IT製品・セミナー情報

「ラルフベア」 に近い情報
「ラル」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ラルフベア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ラル」に関するIT製品情報

次世代の企業向けWebメールシステム Denbun(デンブン)  2014/04/01


ネオジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ユーザ 3万9800円(税別)〜

カテゴリ  電子メール | その他エンドポイントセキュリティ関連 | バックアップツール | その他運用管理関連

製品概要  インターネットに接続されたブラウザやモバイル端末から電子メールを利用できるWebメールシステム。HTML5の技術を用いたクライアントメールと同等の操作性を実装。

オススメユーザー  メールデータの一元管理を実現し、企業の信頼度アップや社員のモラルアップを図りたい企業。


「ラル」に関する特集



 2014年7月に米国旅行証明書を取得しようとしていた旅行者の方はよくご存知かもしれませんが、2014年7月19日、各国の米国領事館でデータベース・クラッシュが発生し、旅行証明書の発行ができなくなった為に、全世界で20万人を超えるビザ取得希望者が影響を受けました。この米国務省のセントラルパスポート/ビザシステムを破壊した原因は、簡単なソフトウェアのパッチでした。このシステムはデータのバックアップはされていたものの、システムはバックアップがされていなかったためリカバリに時間がかかり、ビザの発行手続きに大変遅れが生じました。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス




 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」サービスが東芝グループのIoTサービスの基盤に採用されたと発表した。ZuoraのいうRBMとは、サブスクリプション型ビジネスモデル運営のためのSaaSプラットフォームを指す。 東芝では、グループ内のIoT関連部門や人材を統合し、社内カンパニー「東芝インダストリアルICTソリューション社」を2015年に設立している。同社ではグループ全体のIoT基盤構築を進めており、IoTビジネスの利用形態や課金方式でも多様な要求に対応すべく整備しているところだという。この中の1つが「サブスクリプション型」の課金体系というわけだ。 ZuoraのRBMプラットフォームは、経済紙『Wall Street Jornal』、オンラインストレージサービスを提供するbox、エンタープライズ向けのクラウドサービスを展開するIBM、通信キャリア大手AT&T、IoTソリューションなどを開発するゼネラル・エレクトリック(GE)などに採用されている。B2Cでは旅行情報サービスを運営するTripAdvisorもユーザーだ。 Zuora Japanは2015年に設立、サービスの日本語化が完了した2016年4月から本格的な事業活動を開始しており、日本経済新聞社、コマツ、日本ユニシス、Freeeなどが既に導入企業に名を連ねている。三井情報、日立ソリューションズが販売パートナーになっており、決済ではGMOペイメントゲートウェイと提携している。ペイメントゲートウェイ(オンライン決済代行事業者)についてはこの他にも複数社と交渉を進めているという。


カテゴリ  システムインテグレーション |


「ラル」に関するニュース



 パイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」の新バージョン「1.12」を10月26日にリリースする。スパイラルでは、販売促進やCRMでの顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、さまざまな重要情報資産を安全なプラットフォームで管理する。今回の新バージョンでは、システム構成が全面的に刷新…


カテゴリ  IaaS/PaaS | その他情報共有システム関連 | WAF




 パイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」を、ゲームオンが顧客向けメール配信基盤として導入したと発表した。ゲームオンでは、メールを配信するたびに、顧客情報を管理しているデータベースからメールアドレスをダウンロードし、同社が独自に構築した配信システムに手作業でデータをアップロード…


カテゴリ  電子メール | その他エンドポイントセキュリティ関連




 VTVジャパンは、Avayaのテレビ会議システム「Avaya SCOPIA XT」シリーズの、赤穂化成による導入事例を発表した。赤穂化成は、塩やにがり、海洋深層水などの研究や開発、販売を行い、海洋科学の開発技術をベースに新事業も展開している。同社では、無機ミネラルのさまざまな事業を通じて、人の健康や美容、豊かな食…


カテゴリ  テレビ会議/ビデオ会議 | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ラルフベア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ