「ライセンス 削除 ネットワーク機器 リース返却」から探す!IT製品・セミナー情報

「ライセンス 削除 ネットワーク機器 リース返却」 に近い情報
「ライセンス 削除」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ライセンス 削除 ネットワーク機器 リース返却」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ネットワーク機器とは?

ここでは、ネットワーク機器とは、企業ネットワークを構築するときに必要となる機器のことで、有線LAN、無線LAN、WANの構築に必要となるツールを中心に取り上げている。例えば、社内LANを構築するときに必要となるスイッチングハブ、ルータ、レイヤ3スイッチは、低価格化が進み、ギガビットイーサネット時代に突入している。また、無線LANの実用化・高速化も着実に進んでおり、無線LANを利用するために必要となる機器として、クライアントから情報を無線で受け取ってネットワークに流すアクセスポイントや、設置するアクセスポイントが増えてくると運用管理が煩雑になるため、アクセスポイントを一元管理できる無線LANコントローラなどを挙げることができる。さらに、ネットワークの需要が急増していることから、その対策としてロードバランサやADCといった機器の導入も進んでいる。ロードバランサは外部からの通信を一手に受け止め、その内容を解釈して、その背後に接続されたサーバ群のうち最も適切に処理できるサーバへと、あらかじめ設定したポリシーにのっとってアクセスを振り分けるもの。ユーザは1台のサーバにアクセスしているように見えるが、実はアクセスしているのはロードバランサであり、これを介して配下のサーバ群のどれかに接続することになる。ADCはこのロードバランサの仕組みを継承し、さらに高度にしたツールといえる。このほか、クラウドサービスの普及により、WANを経由してアプリケーションデータをやり取りする機会が急速に増えてきたが、WANには距離遅延やパケット損失などの課題がある。そこで注目されるのがWAN高速化ツールである。このツールを導入することでWANのトラフィックデータ量が低減し、WANを介したアプリケーションのレスポンスタイムも向上する。

「ライセンス 削除」に関するIT製品情報

セキュリティイベント監視・分析 GFI EventsManager  2015/11/01


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●参考価格50ライセンス:183万7500円 100ライセンス:350万円※税別

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

製品概要  LAN上にインストールし接続されているすべてのハードウェア、ソフトウェアが生成するログをイベントとして収集し一元管理できる。ログの解析、削除などの自動処理も可能。

オススメユーザー  ネットワークセキュリティ、法令遵守、あるいはフォレンジック調査などで「イベントの監視・分析・管理」を検討中の企業。


ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」  2017/03/01


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 活文 File Server Optimizer パッケージ標準価格2TBライセンス :120万円(税別)〜

カテゴリ  サーバー管理 | ファイルサーバ

製品概要  ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。

オススメユーザー  ファイルサーバの肥大化対策、現状把握、運用ルールの検討をしたい企業。情報資産を有効に活用したい企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ライセンス 削除 ネットワーク機器 リース返却」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ