「メール攻撃」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メール攻撃」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやりとりする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやりとりするための「電子メール」、社内外でやりとりされる電子メールを捕捉し、削除や改ざんができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーにのっとり、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「メール攻撃」に関する記事情報

「フォレンジックツール」シェア(2011年度)

標的型メール攻撃など攻撃手段が巧妙化し、「フォレンジックツール」のニーズが高まる。シェア情報を紹介する。

「メール攻撃」に関するIT製品情報

進化する“メール攻撃”、その実態と対策のヒント

ファイア・アイ株式会社

今日、サイバー攻撃の実に91%はメールがきっかけと言われ、その手法は急速に進化している。特にビジネスメール詐欺やスピアフィッシングといった新しい攻撃による被害が拡大し、メール対策の見直しが急務になる中、必要とされる機能とは。

なりすまし+フィッシングの新手法が台頭、電子メール攻撃の進化にどう備える?

ファイア・アイ株式会社

91%のサイバー攻撃の起点となっている電子メールは、多くの企業が大きな弱点とする部分だ。中でも最近台頭している、「なりすまし攻撃」と「フィッシングメール」を組み合わせた新たな攻撃手法に対し、企業はどのように備えるべきか。

侵入を前提とするセキュリティ対策、金融・保険業界が選んだ「多層防御」とは

トレンドマイクロ株式会社

昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、金融・保険業界では脅威の侵入を前提とした対策が求められている。PCI DSS要件への対応や標的型メール攻撃への対策などの課題を解消し、「多層防御」を実現した11社の事例を紹介する。

アンチウイルスはもはや無力? 標的型メール攻撃対策の最適解とは

マクニカネットワークス株式会社

標的型メール攻撃が巧妙化と増加の一途をたどる中、アンチウイルスのような従来の対策では攻撃のすり抜けによるリスクは避けられない。これらを解決する、サンドボックスの生みの親「FireEye ETP」の検知ロジックの実力とは?

標的型メールを“無害化”し、情報漏えいインシデントを未然に防ぐ

株式会社日立ソリューションズ

組織の重要情報を盗むことを主目的とした“標的型メール攻撃”は、近年ますます巧妙化し、人的な阻止は不可能に近い。オンプレミス型でもクラウド型でも導入可能な“メール無害化ソリューション”はこの攻撃をどこまで阻止できるのか。

「メール攻撃」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。