「メールセキュリティ クラウド 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「メールセキュリティ クラウド 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メールセキュリティ クラウド 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールセキュリティとは?

メールセキュリティとは、社内外をつなぐ出入口となるため、悪意のある脅威にさらされる可能性が高いメール送受信の安全性を確保することを目的に、様々なメールセキュリティ機能を包括的に提供するシステム。メールサーバ型、もしくはゲートウェイ型のアプライアンスなどとして提供され、アンチスパム/アンチウイルス機能や、メールの内容を解析して送受信を制御するコンテンツフィルタリング機能などを搭載する。

「メールセキュリティ クラウド 比較」に関するIT製品情報

@Securemailシリーズ  2016/06/15


ケイティケイソリューションズ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額費用:1アカウント300円〜(10アカウント利用時)※税別

カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール | メールアーカイブ | フィルタリング | 暗号化

製品概要  メールアーカイブ、メール誤送信防止など、自社に必要な電子メールのセキュリティ対策のみを、自由に組み合わせて導入・利用可能なSaaS型メールセキュリティサービス。

オススメユーザー  Google AppsやOffice 365などのクラウドメール、あるいは自社メールサーバに対して、メールセキュリティの強化を図りたい企業。


ActSecureクラウドメールセキュリティサービス  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額2万円(メール利用者数100ID)〜 ※税別

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

オススメユーザー  マイナンバー制度に向け、メールシステムの標的型攻撃/情報漏洩対策を短期間で導入したい企業や、運用人材確保が困難な企業。


メールセキュリティソリューション Proofpoint  2017/08/15


双日システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス

製品概要  クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。

オススメユーザー  未知のメール攻撃や、メールの配送経路上での標的型サイバー攻撃などへの対策を講じたい企業


クラウド型メールアーカイブソリューション 「Zenlokプレミアム」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 年額費用:3600円 /ユーザー※税別

カテゴリ  メールアーカイブ | 電子メール | メールセキュリティ

製品概要  添付ファイルの自動暗号化や誤送信対策などのセキュリティ機能を搭載したメールアーカイブソリューション。既存のメールシステムへ簡単に追加してすぐに利用できる。

オススメユーザー  増え続けるメールのアーカイブに頭を悩ませている企業の担当者。メールセキュリティを強化したい企業。


safeAttach  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●アプライアンス180万円〜(miniは70万円〜)●クラウドサービスsafeAttachクラウドサービス 7万円〜CUMO 月額600円/1名※税別

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化

製品概要  ユーザ数に左右されないライセンスフリーのメール誤送信対策製品。アプライアンス版もクラウドサービスも提供しているので、企業の状況にあった製品選定が可能。

オススメユーザー  フル機能のメール誤送信対策を、低コストで導入したい企業。クラウドサービスの活用により、管理負荷低減を実現したい場合にも。


「メールセキュリティ クラウド 比較」に関する特集



 本稿では、全4回に渡って、メールセキュリティを自社に導入する上で検討すべきポイントと、クラウド利用の指針を考察する。


カテゴリ  メールセキュリティ |




クライアント型、サーバ型、アプライアンス、クラウドサービスなど様々な形態が存在する「メール誤送信防止システム」。導入にあたって気をつけるべきことは?製品によって差があるポイントは?徹底解説します!


カテゴリ  メールセキュリティ |




 以前、「パブリッククラウドのセキュリティ対策は万全ですか?」と題して、オンプレミスからクラウドサービスへシステム移行を検討する際に、そのセキュリティ対策が依然として利用者側の対策に委ねられているという内容を掲載しました。


カテゴリ  WAF | ファイアウォール | UTM | メールセキュリティ | IaaS/PaaS


「メールセキュリティ クラウド 比較」に関するニュース



 ソフトバンクは11月17日、Googleのクラウド型グループウェア「G Suite」向けに、セキュリティ強化や利便性の向上を図る機能拡張ソリューション3種の提供を開始した。今回の新ソリューションの1つ目は、送信後のメール管理が可能なセキュリティサービス「Virtru(ヴァーチュル)」だ。Virtruが提供する本サービス…


カテゴリ  メールセキュリティ | 文書管理 | EIP




 キヤノンITソリューションズは10月3日、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL Mailファミリー」の新バージョンの提供を開始する。今回の新バージョンでは、クラウド型メール環境との連携が強化された。具体的な強化項目は4つ。1つ目は、メールの形式を検査して標的型攻撃メールを検知する機能だ。差出人の詐称…


カテゴリ  メールセキュリティ | フィルタリング




 TwoFiveは、メール送信側向けに、メールの送信状況を解析するクラウドサービス「DMARC/25 Analyze」の提供を開始する。本サービスは、企業や団体になりすました不正メールへの対策を支援する新サービス「DMARC/25」の第1弾。ライセンスの購入や設備投資は不要で、簡単な設定で直ちに使用を開始できる。なりすま…


カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連 | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「メールセキュリティ クラウド 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ