「メールアーカイブ 必要性」から探す!IT製品・セミナー情報

「メールアーカイブ 必要性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メールアーカイブ 必要性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールアーカイブとは?

メールアーカイブは、社内間および社内と外部とのメールのやり取りを細大漏らさず捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管するとともに必要な時には検索、復元を可能にする情報保護の手法。メールサーバからメールデータを受け取り、メールサーバとは別のストレージにインデックスを付加して保管する。管理者はアーカイブツールにアクセスして過去から現在までのメールを条件検索して監査などに必要なメール内容を参照することができる。

「メールアーカイブ 必要性」に関する特集



 昨年、関税法改正とメールアーカイブの必要性の記事で、クラウド型のメールシステムとメールアーカイブの連携方法について簡単に触れました。最近では、メールサーバをクラウド型のサービスであるOffice365やGoogle Appsに移行する企業も増える中、メールアーカイブの取り扱いどうするかがひとつの焦点となっています。メールのデータ事態に機密情報が多数含まれることから、多くのシステム担当者が最初に課題にあげる点として、メールアーカイブもすべてクラウド化することに躊躇するケースも多いのではないでしょうか。


カテゴリ  メールアーカイブ |




 2012年7月から「関税法」が改正され、輸出入に係る電子メールなどの保存義務が導入されたのをご存知でしょうか?昨今、電子メールによる取引が一般化し、公平な課税の確保、事後調査等で電子メール確認の必要性などを目的として、電子メール及び添付ファイルに対する保存が義務付けられました。輸出入に関わる取引の関係書類を電子メール・添付ファイルでやり取りした場合、輸出入許可日の翌日から5年間、保存しなければなりません。輸出入にまつわる取引で受領・交付した注文書、契約書、送り状、領収書、見積書などがその対象となります。


カテゴリ  メールアーカイブ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「メールアーカイブ 必要性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ