「メール 分析 ナレッジマネジメント」から探す!IT製品・セミナー情報

「メール 分析 ナレッジマネジメント」 に近い情報
「メール 分析」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メール 分析 ナレッジマネジメント」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ナレッジマネジメントとは?

ナレッジマネジメントとは、個々の従業員が持つ暗黙知や企業内に散在する様々な情報を全社レベルで共有し、売上や利益の向上に結び付けようするマネジメント手法のこと。ナレッジマネジメント実現のためにはITの活用が必要不可欠だが、専用ツールの他、文書管理ツールやグループウェアの一機能として提供されている場合もある。

「メール 分析」に関するIT製品情報

簡単・高機能メール配信システム Will Mail  2016/06/15


サパナ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 2万円〜(税別)月額費用 4000円〜(税別)

カテゴリ  電子メール |

製品概要  使いやすいメールエディタを搭載した高機能メール配信システム。スマートフォン表示の最適化に標準対応し、多角的な分析機能で配信後の効果改善までをフォローする。

オススメユーザー  HTMLやテキスト、デコメなど、メールマガジンを簡単操作で作成したい企業。メール配信後の効果測定・改善までを実施したい企業。


Lit i View EMAIL AUDITOR  2015/07/30


UBIC

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他データ分析関連

製品概要  監査官の調査手法を学習した人工知能が平時のメールから不正の予兆を検知。全数監査の結果から関連メールを自動抽出、高精度なメール監査と工数削減を実現するシステム。

オススメユーザー  機密情報漏洩や国際カルテル、優秀な人材の流出、ハラスメントなどを防止したい企業。メール監査の効率化・精度向上を望む企業。


ログソフトウェア「IVEX Logger Series」  2014/10/15


アセンテック+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  仮想・物理環境問わず、Windows OS上での操作ログを生成・取得する製品。接続元の端末情報などの詳細ログ、仮想・物理混在環境でログを取得し、一元管理が可能。

オススメユーザー  クライアントPC・サーバ・VDI・SBC・リモートアクセス・仮想化(シンクライアント)環境で操作ログを取得したい企業。


Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1年間500ユーザの場合:124万8000円(税別)※最大40%OFFの複数年契約、ガバメント価格、アカデミック価格もご用意

カテゴリ  フィルタリング |

製品概要  Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。

オススメユーザー  Web経由での情報漏洩やウイルス感染を防止したい企業。社員のWebの私的利用を管理し、業務効率アップ、コスト削減したい企業。


LOG@Adapter(ログアダプタ)  2014/08/15


日立電線ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


「メール 分析」に関する特集



 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2012年10月30日に「標的型攻撃メールの傾向と事例分析」に関するレポートを公開した(※1)。本連載では、当該レポートに沿って、2012年第4四半期の集計値を加えIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向を解説していく。


カテゴリ  メールセキュリティ |




 独立行政法人 情報処理推進機構(略称IPA)は、2012年10月30日に『標的型攻撃メールの傾向と事例分析』に関するレポートを公開した。本連載では、当該レポートに沿って、2012年第4四半期の集計値を加えIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向を解説していく。 前回まで、2012年4月から12月の間にIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向、分析結果や、実際の標的型攻撃メールを紹介し、具体的な手口を見ることで、ソーシャルエンジニアリングで使われる「だましの手口」の実体と、注意点について解説した。今回は、情報提供いただいた個々の標的型攻撃メールに共通する類似点、特にメールヘッダに関係する類似点を紹介する。このような傾向を知ることで、不審メールを受信した際の気づきの助けとなることを期待する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 独立行政法人 情報処理推進機構(略称IPA)は、2012年10月30日に『標的型攻撃メールの傾向と事例分析』に関するレポートを公開した。本連載では、当該レポートに沿って、2012年第4四半期の集計値を加えIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向を解説していく。  前回まで、最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析、実際の標的型攻撃メールを例としてだましの手口、類似点について解説した。では、このような傾向分析にはどのような情報が含まれているのだろうか。 例えば、標的型攻撃メールは、特定の企業や組織に対して行われる攻撃であるが、複数の(時として同業種の)企業や組織に対して行われることがある。また、標的型攻撃メールで使われたマルウェアを解析すると、マルウェアのファイル自身が異なったり(hash値が異なる)、アイコンが異なったりしていても、攻撃者の管理サーバ(C&Cサーバ:最近では攻撃が金銭や企業レベルの諜報活動ではなく、重要インフラへの攻撃と考えられる場合に、C2サーバと呼ばれることもある)が同じIPアドレスであったり、管理サーバとの管理サーバへの接続パスワード が同じであったりすることが、時期を変えて現れることも確認できている。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「メール 分析」に関するニュース



 情報技術開発(tdi)は、大量のテキスト情報を分析できる日本IBMの「IBM Watson Explorer Analytical Components」(WEX)の環境をクラウドで提供する「おてがるデータ分析環境サービス」の提供を11月に開始する。WEXは、企業内の構造化されたデータに加え、大量の文書やメール、SNSのテキスト、ログ、グループウ…


カテゴリ  データ分析ソリューション | IaaS/PaaS




 株式会社日立ソリューションズ東日本は、テキスト情報を分析し、業務改善につながる“気づき”の発見を支援するテキストマイニングツール「CoreExplorer」で、主な分析機能の一部をAPIオプションとして、提供を開始した。「CoreExplorer」は、問い合わせフォームから寄せられる顧客の声や、報告書・メールといった…


カテゴリ  その他データ分析関連 | EAI




 アクティブコアは、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」のメール配信機能に、機械学習を活用した「メール配信時刻の最適化」を図れる機能を追加した。activecore marketing cloudでは、顧客行動データの収集・分析から、パーソナライズされたアプローチまでを同一プラットフォーム…


カテゴリ  CRM | その他メール関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「メール 分析 ナレッジマネジメント」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ