「メール セキュリティ 高い」から探す!IT製品・セミナー情報

「メール セキュリティ 高い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メール セキュリティ 高い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやり取りする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやり取りするための「電子メール」、社内外でやり取りされる電子メールを捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーに則り、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「メール セキュリティ 高い」に関するIT製品情報

メールセキュリティ・アプライアンス 【matriXscan apex III】  2015/08/05


アイマトリックス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール | アンチウイルス

製品概要  純国産アンチスパム・アプライアンス◎日本語スパムに特化したマルウェア検出エンジン「msec」で高い検出率を実現◎日本ユーザのニーズにあわせた安心のサポート体制

オススメユーザー  ◎スパムメール対策のコスト削減・運用負荷軽減をしたい企業◎日本語スパムの対策にお困りの企業


メール配信システム MailPublisherシリーズ  2016/03/15


エクスペリアンジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用 5万円 (税別)月額 1万7000円 (税別)〜

カテゴリ  電子メール | その他メール関連 | メールセキュリティ | ネットワーク管理

製品概要  大手企業を中心に累計5300社超の取引実績、月間配信実績51億通の国内トップシェアのメール配信ASP。高性能の配信エンジンとエラー解析モジュールによる高い到達率を実現。

オススメユーザー  既存会員へのメール配信、新規会員の獲得、メールマーケティング、キャンペーンなどでメール配信性能の向上を検討する企業。


CTC セキュアメールサービス SecurePremium  2012/07/31


伊藤忠テクノソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 30万円〜月額費用 1万9500円〜 (最低利用数:30IDより)※税別

カテゴリ  メールアーカイブ | リモートアクセス | 電子メール | フィルタリング | アンチウイルス | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  より安全に利用できるクラウド型メールサービス。CTC自社のデータセンタを通じて提供されるサービスで、高いセキュリティレベルと多彩な機能を装備。利便性も高い。

オススメユーザー  自社のメールシステムをASPサービスに切り替えたい企業。POPサーバだけではデータ紛失などのリスクが大きいと考えている企業。


「メール セキュリティ 高い」に関する特集



今回からは、特に情報セキュリティ事故発生頻度の多いトピック毎に事例紹介と、なるべく低コストで有効性の高い対策を紹介して…


カテゴリ  メールセキュリティ |




 企業の皆様にとってクラウド利用が当たり前になって数年が経過した。クラウドはもう、「新しいもの」でも、トライアルで「使用してみるもの」でもなく、「業務で普通に使用するもの」として受け入れられるようになってきている。  しかしながら、まだクラウドを受け入れていない領域がある。それが今回の主題ともなる企業の基幹システムだ。特に金融関係やクレジット関係については、自社のセキュリティコンプライアンスに準拠しなければならないだけではなく、金融庁、FISC、消費者庁、そしてPCI-DSS、PCI-PTS等の業界団体が定めた各種ルールにも縛られており、その障壁は高い。 一方、企業のバランスシート上、クラウドの業務利用は有効であると認識された以上、その流れから逆らうことは難しいと思われる。今すぐ取り組む必要はないにせよ、ある日急にシステム部門としての意見を求められるシーンも多く、日々の情報収集及び収集した情報の整理が必要となるだろう。  今回のテーマでは、それら特に高いセキュリティシステムに求められている暗号技術についてまとめさせていただく。クラウド技術を利用したシステムは従来のシステムと構成が異なり、このため、暗号技術もクラウドに対応したものがすでに世の中に複数のベンダからリリースされてきているためである。


カテゴリ  メールセキュリティ |




 トレンドマイクロが実施した2009年上半期の調査によれば、なんらかのウイルス対策を実施している企業のデスクトップ環境であっても、 1000クライアント規模であれば、1日あたり平均7.6件の不正プログラム検出・感染が確認されている。また、パターンファイルでは検知されない、未知の不正プログラムによると思われる活動が、既知の不正プログラムの活動の約6.17倍確認されている。検出・感染だけでも1日に7.6件という数字は驚きであるが、その6.17倍の未知の不正プログラムによる活動があるということは、イントラネット内の脅威全体像の把握が難しいことを示していると同時に、パターンファイルによって検知できる脅威はほんの氷山の一角でしかないということを顕著に表している。では、パターンファイルだけに依存しないセキュリティとは何なのか。また、その効果について今回は説明する。 レピュテーション(Reputation)という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、評判、世評、名声などを意味する英単語である。コンピュータセキュリティ分野におけるレピュテーション技術とは、インターネットで交換される情報の安全性を評価する技術であり、成り立ちや振る舞いなどから脅威を多角的に評価し、危険度の高いものをブロックする技術を言う。簡単に言うと、良いか悪いか、危険か安全か、信用できるかできないか、という情報を分析してデータベース化したものである。クレジットカードの作成や家を購入する際などに、信用調査を経験したことがある方もいると思うが、レピュテーション技術はこの信用調査のイメージに近い。 これらレピュテーションデータベースは一般的に、危険なWebページへの接続や情報送信などを拒否するWebレピュテーション(図1)、メール送信元のIPの評価情報を使って、危険なメールの受信を拒否するE-mailレピュテーション(図2)、危険なファイルが使用されることを防止するファイルレピュテーション(図3)などがある。


カテゴリ  アンチウイルス |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「メール セキュリティ 高い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ