「マルチOS 開発 富士通」から探す!IT製品・セミナー情報

「マルチOS 開発 富士通」 に近い情報
「開発 富士通」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マルチOS 開発 富士通」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発 富士通」に関するIT製品情報

Systemwalker Service Catalog Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。(個別見積もり)

カテゴリ  開発環境/BaaS | サーバー仮想化 | シンクライアント | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール

製品概要  企業内の業務アプリケーションを短期間でSaaS化、共有できる環境を提供するソフトウェア。開発・提供期間の短縮が可能で、関係会社へ提供する際に利用料金の明確化も可能。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化/クラウド環境で、業務アプリケーションの共有を検討している企業。


FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム  2016/08/15


富士通マーケティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  人事管理システム | 電子帳票システム | 帳票管理システム | その他基幹系システム関連 | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

オススメユーザー  マイナンバー制度への対応を検討中の企業。個別開発の人事給与システムでもマイナンバーへの対応を迅速に行いたい企業。


「開発 富士通」に関するセミナー情報

WebAPIの提供、開発に最適な新たなクラウドサービス

富士通


開催日

 6月22日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  IaaS/PaaS |

概要  本セミナーではK5 PaaS「API Management」の実環境を用いて、WebAPI公開に向けた迅速なAPI開発の流れや方法をご説明します。また、APIを…

オススメユーザー  情報システム部の統括


「開発 富士通」に関する特集



「京」が目指したゴールとは?驚異的な性能を実現した技術開発の裏側とは?開発に携わった富士通の安島雄一郎氏にお話を伺った。


カテゴリ  その他サーバー関連 |




富士通では、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で、電通と協業していくと発表した。共同コンサルティングサービスの提供に加え、サービスの共同開発にも取り組んでいくという。その背景や狙いとは?


カテゴリ  ビッグデータ | データ分析ソリューション




 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション


「開発 富士通」に関するニュース



 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、ルーターやスイッチ、ファイアウォールなど、さまざまなネットワーク機器を一括管理できる運用支援ツール「Net LineDancer」を発売した。ロジックベインが開発した本製品は、富士通やシスコシステムズ、A10ネットワークス、ブルーコートシステムズ、ジュニ…


カテゴリ  ネットワーク管理 |




 富士通は、システム開発を支援するアプリケーションフレームワーク「FUJITSU Software INTARFRM」で、ライフサイクル重視型の「Professional Edition」を強化した「V16」の出荷を開始した。設計情報の拡充とテスト自動化により、スムーズにWebアプリケーションを開発できる。本製品は、ソフトウェアの設計、開発…


カテゴリ  開発環境/BaaS |




 富士通エフ・アイ・ピーは、自治体向けのアプリケーションを開発・運用する事業者向けに「LGWAN-ASP基盤サービス」を11月1日に発売する。価格は個別見積もり。本サービスは、アプリケーションサービスをLGWAN(地方公共団体向け閉域ネットワーク)上に提供するためのIaaS(Infrastructure as a Service)基盤と接…


カテゴリ  IaaS/PaaS | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マルチOS 開発 富士通」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ