「マルウェア 検出 ルール ログ相関分析」から探す!IT製品・セミナー情報

「マルウェア 検出 ルール ログ相関分析」 に近い情報
「マルウェア 検出」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マルウェア 検出 ルール ログ相関分析」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「マルウェア 検出」に関するIT製品情報

エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity  2016/07/01


インテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【マルウェア対策サービス参考価格】初期費用:3万円月額費用:205円/ライセンス〜※契約数量により単価が変わります※税別

カテゴリ  IPS | アンチウイルス

製品概要  マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。

オススメユーザー  端末のセキュリティと動作の軽快さを両立したい企業。新種・亜種のマルウェアなどの未知の脅威からも端末を保護したい企業。


マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」  2016/01/01


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50万4000円〜※税別

カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。

オススメユーザー  ウイルスの検出能力を高めたい企業。定義ファイルの更新がオンライン経由でできない閉環境でのウイルス対策を探している企業。


メールセキュリティ・アプライアンス 【matriXscan apex III】  2015/08/05


アイマトリックス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール | アンチウイルス

製品概要  純国産アンチスパム・アプライアンス◎日本語スパムに特化したマルウェア検出エンジン「msec」で高い検出率を実現◎日本ユーザのニーズにあわせた安心のサポート体制

オススメユーザー  ◎スパムメール対策のコスト削減・運用負荷軽減をしたい企業◎日本語スパムの対策にお困りの企業


NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション  2016/04/22


日立ハイテクソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積りとなります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IPS | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

オススメユーザー  標的型サイバー攻撃の検出から遮断までを自動化して迅速に対応したい企業。インシデント検出時の運用を効率化したい企業。


RSA ECAT  2014/02/24


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 同時にインストールするエージェント (エンドポイント) 数により異なる。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  「クライアントがマルウェアに感染しているかどうか」という検出に特化することで、迅速かつ低価格でサイバー攻撃によるリスクを低減できるソフトウェア。

オススメユーザー  シグネチャベースのアンチウイルス製品やゲートウェイ製品では防ぎきれない、標的型攻撃への対策を行いたい企業。


「マルウェア 検出」に関する特集



 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |




シマンテックでは、年に1回、世界全体におけるインターネット上の脅威活動について傾向をまとめた「シマンテック インターネットセキュリティ脅威レポート」を発行しています。これは、全世界157の国や地域の6900万件を超える攻撃センサーによって収集された膨大な検出情報に基づき、シマンテックのアナリストがフィッシング、マルウェア、その他サイバー攻撃などの傾向を分析し、まとめたものです。米国で2013年4月15日に発表された最新号では、標的型攻撃にいたっては対前年比42%、モバイルマルウェアにいたっては対前年比58%と、注目を集めるサイバー攻撃手法が増加傾向にあることを示しています。また、主に米国およびヨーロッパ各国を中心に年間推定500万ドルの被害をもたらし、猛威をふるっているランサムウェアについても解説をしています。今回は、本レポートの最新版より、セキュリティ脅威の顕著な傾向をお届します。


カテゴリ  フィルタリング | ソーシャルメディア分析




 昨今eコマース市場が安定した成長を続けており、安全に利用するための各種サービスの開発が続く中、PayPalのBillMeLaterがスパマーの注目を集めています。 バラクーダでは、BillMeLaterのユーザをターゲットとした、Trojan dropperを起動させるzipファイルが添付された大量のスパムメールを検出しました。このTrojan dropperは、アンチウイルスツールによる検出をすり抜けるため、一見、「新種」に思われますが、一度感染すると、ユーザのマシンは密かにマルウェアをダウンロードし、インストールします。スパマーは、見た目は異なれど、同じ手法を利用する場合が多いということを覚えておくことが重要です。このスパムの場合、ユーザがすぐ反応してしまう傾向性を利用し、リンクをクリックさせ、ファイルを開かせようとしています。 もしこのような類のEメールを見つけたら、唐突に反応するのではなく、まずはブラウザを起動して該当するサービスのWebサイトを直接開き、あなたのアカウントのアクティビティステータスを確認することが重要です。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「マルウェア 検出」に関するニュース



 パロアルトネットワークスは、機械学習解析などを追加した、エンドポイントセキュリティ「Traps」の新版の提供を開始した。Trapsでは、マルウェアやエクスプロイトの検出機能を組み合わせることで、既知および未知の脅威がエンドポイントを侵害することを未然に防げる。クラウドベースのマルウェア分析環境「WildFi…


カテゴリ  アンチウイルス |




 富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、「マルウェア侵入経路追跡サービス」の提供を開始した。エンドポイントのセキュリティ対策を強化し、運用や監視などの負担軽減を図る。本サービスでは、未知のマルウェアの悪意ある構造やふるまいを検出して攻撃から防御するFFRIの標的型攻撃対策ソ…


カテゴリ  アンチウイルス | IPS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マルウェア 検出 ルール ログ相関分析」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ