「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」から探す!IT製品・セミナー情報

「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」 に近い情報
「上限」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説マイナンバーとは?

マイナンバーとは、社会的基盤としての社会保障・税番号制度の導入にともない、国民1人ひとりにマイナンバーと呼ばれる12桁の個人番号が割り当てられ、2016年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで運用が開始される制度。それにともない、民間企業においても税や社会保険の手続きで、従業員などのマイナンバーを取扱うことになる。具体的には、法定調書提出の際に個人番号/法人番号を記載する必要が生じるが、そのために何を準備すべきなのかと困惑している企業も少なくない。

「上限」に関するニュース



 KDDIは、広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(KDDI WVS 2)で、クラウド対応強化を図るため、接続先に応じて帯域を拡張させるトラフィックフリー機能を拡充したトラフィックフリー機能IIを追加、またクラウド接続の上限帯域を1Gbpsまで拡張し、2017年3月に提供を開始する。KDDI WVS 2は…


カテゴリ  広域イーサネット | IP-VPN




 富士通九州ネットワークテクノロジーズ(QNET)は、Webベースのファイル共有システムの新バージョン「@Drive/Cabinet V03L06」を10月に発売する。今回の新バージョンでは、Windows Server 2012 R2のサーバOS環境では制限していたファイル名検索機能を提供する。また、登録可能なファイルサイズの上限を10GB/1フ…


カテゴリ  ファイル共有 |




 IDCフロンティア(IDCF)は、NVIDIAのGPUアクセラレータ「Tesla M40」を搭載したサーバを提供するクラウドサービスを開始した。価格は、初期費用無料、従量料金が400円/1時間(月額上限料金19万8000円)。ディープラーニングなどの高度なデータ解析を可能にする。今回提供する「IDCFクラウド GPU BOOSTタイプ Tes…


カテゴリ  IaaS/PaaS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ