「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」から探す!IT製品・セミナー情報

「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」 に近い情報
「上限」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説マイナンバーとは?

マイナンバーとは、社会的基盤としての社会保障・税番号制度の導入にともない、国民1人ひとりにマイナンバーと呼ばれる12桁の個人番号が割り当てられ、2016年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで運用が開始される制度。それにともない、民間企業においても税や社会保険の手続きで、従業員などのマイナンバーを取扱うことになる。具体的には、法定調書提出の際に個人番号/法人番号を記載する必要が生じるが、そのために何を準備すべきなのかと困惑している企業も少なくない。

「上限」に関するIT製品情報

クラウド型eラーニングシステム「etudes」  2018/03/01


D2C

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【完全月額ID課金制】・初期費用:0円・月額利用料:ID課金制(上限/下限なし)※料金詳細はお問い合わせください。

カテゴリ  eラーニングシステム | ナレッジマネジメント | その他情報共有システム関連 | CMS

製品概要  15年にわたるeラーニングの進歩の歴史を踏まえ、新たに開発された国産クラウド型LMS。企業内研修の課題をオールインワンで解決する。

オススメユーザー  eラーニングの新規導入やリプレースを検討している企業。


「上限」に関するニュース



 アイザックは、勤怠・入退室管理システム「かざすタイムレコーダーAir Touch」に、時間外労働の上限規制に対応する注意・警告機能を搭載した。本システムはFeliCaやQRコードに対応。打刻ミスや打刻忘れの際も容易な操作で修正できる。また、全国の支店や店舗などの勤怠管理を本社で一括して行える。有給管理や休暇…


カテゴリ  勤怠管理システム | 入退室管理システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マイナンバー漏洩 損害賠償額 上限」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ