「マイナンバー 委託 データバックアップ 書面」から探す!IT製品・セミナー情報

「マイナンバー 委託 データバックアップ 書面」 に近い情報
「マイナンバー 委託」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マイナンバー 委託 データバックアップ 書面」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「マイナンバー 委託」に関するIT製品情報

個人情報検出・暗号化ソリューション  2016/10/28


ネスコ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 購入方法により異なるのでご相談下さい。

カテゴリ  暗号化 | ファイルサーバ | ファイル共有 | 文書管理 | その他情報共有システム関連

製品概要  マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

オススメユーザー  ファイルサーバからの個人情報漏洩を防止したい企業。海外拠点や外部委託先と安全にCADなどのファイル共有したい企業。


「マイナンバー 委託」に関する特集



 前回は、マイナンバーが記録された機器・電子媒体のデータ消去方法と機器処分業者の選定ポイントについてお話いたしました。今回も引き続き、選定ポイントをより具体的に解説してまいります。機器処分を委託する先の業者には、データ消去、廃棄、リユース(買取)、リサイクルなどを専門とする様々な業態の業者が存在し、それぞれ得手不得手があります。またそれらを兼業しているところも少なくありません。機器処分業者を選ぶ上で最も重要なのは、その業者の組織・体制・人・施設等に於いて、マイナンバーを含む情報の漏洩リスクがどれだけ少ないかを見極めることです。 具体的には、(a)情報機器についての専門知識(b)データ消去の完全性(c)作業を行う施設(工場等)のセキュリティレベル(d)機器搬送時の安全性(e)社内体制・内部統制 & (f)社員教育 等がどれだけ充実し担保されているのかということになります。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マイナンバー 委託 データバックアップ 書面」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ