「マイナンバー 利用とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「マイナンバー 利用とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マイナンバー 利用とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説マイナンバーとは?

マイナンバーとは、社会的基盤としての社会保障・税番号制度の導入にともない、国民1人ひとりにマイナンバーと呼ばれる12桁の個人番号が割り当てられ、2016年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで運用が開始される制度。それにともない、民間企業においても税や社会保険の手続きで、従業員などのマイナンバーを取扱うことになる。具体的には、法定調書提出の際に個人番号/法人番号を記載する必要が生じるが、そのために何を準備すべきなのかと困惑している企業も少なくない。

「マイナンバー 利用とは」に関するIT製品情報

OMSS+マイナンバー収集・保管サービス  2015/08/25


オービックビジネスコンサルタント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 年間利用料3万7000円〜(税別)

カテゴリ  その他基幹系システム関連 | 人事管理システム

製品概要  マイナンバー対応に必要な業務対応・法令対応・リスク対応を標準化し、企業規模に関係なく利用可能なサービス。安全性の高い番号保管、様々な基幹システムとの連携が可能。

オススメユーザー  ●マイナンバー制度における業務対応を行いたい企業。●今すぐマイナンバー対応を行いたい企業。


マイナンバーソリューション  2017/05/06


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  暗号化 | 電子帳票システム | 文書管理 | 認証

製品概要  収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。

オススメユーザー  マイナンバー管理に不安がある企業。マイナンバーのセキュリティを強化したい企業。


InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)  2017/02/06


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ライセンスの場合】1万5000円(一般)1万2000円(ガバメント)1万500円(アカデミック)※1ライセンスあたり、税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

オススメユーザー  マイナンバーの管理強化をしたい企業・法人。情報流出に備えた情報漏洩対策を強化したい企業。


ActSecureクラウドメールセキュリティサービス  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額2万円(メール利用者数100ID)〜 ※税別

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

オススメユーザー  マイナンバー制度に向け、メールシステムの標的型攻撃/情報漏洩対策を短期間で導入したい企業や、運用人材確保が困難な企業。


多要素認証基盤「IceWall MFA」  2017/06/09


日本ヒューレット・パッカード

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

オススメユーザー  働き方改革やテレワークのセキュリティ強化、マイナンバーなどの機密情報への認証強化を図りたい企業や自治体、教育機関など。


「マイナンバー 利用とは」に関する特集



 今回のマイナンバーのリアルは、税関係の帳票へのマイナンバーの記載についてです。


カテゴリ   |




マイナンバーの利用開始がいよいよ目前に迫っている。法施行後、まず企業はマイナンバーの収集を始めることになるが、その前に…


カテゴリ   |




 「第12回:保管と廃棄」から約1年が経過してしまいました。既にマイナンバーの収集を完了し、利用を開始している企業も少なくないと思います。 この間、マイナンバーの利用が義務付けられている範囲はやや縮小し、実務に即したものになってきました。例えば1年前には、年末調整に用いる扶養控除等申告書にマイナンバーを記載することが義務付けられていました。しかし現在では、一定の条件を満たせばその義務は免除されています。 今回のマイナンバーのリアルでは、マイナンバーの利用に関する課題を解説します。第13回は「既に開始されている利用」についてです。具体的には、雇用保険、健康保険、持株会と財形貯蓄、年金基金に関係するマイナンバーの利用についての解説になります。 マイナンバーの運用については今後とも多くの変化が予想されますので、最新情報の確認は怠らないようにしてください。疑問や悩みがあれば、マイナンバーコールセンター(0120-95-0178)へ電話してください。


カテゴリ   |


「マイナンバー 利用とは」に関するニュース



 TKCは、市区町村向けに、マイナンバーカードを活用して窓口での申請・手続きを簡便化できるクラウドサービス「TASKクラウドかんたん窓口システム」の提供を10月に開始する。本サービスでは、住民がマイナンバーカード(または印鑑登録証のカード)と市区町村の窓口に設置したタブレット端末などを利用して、住民票…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「マイナンバー 利用とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ