「ホワイトボード オープンソース セキュリティ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ホワイトボード オープンソース セキュリティ」 に近い情報
「オープンソース セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ホワイトボード オープンソース セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説オープンソースとは?

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラム)を、インターネットなどを通じて無償で公開し、そのソフトウェアに対して誰でも改良や再配布が行えるようになっているソフトウェアのこと。オープンソースでは、これを促進・啓蒙する非営利組織として1998年に「Open Source Initiative(OSI)」が設立されており、国内においても2000年に「オープンソースグループ・ジャパン」が設立されている。OSIやオープンソースグループ・ジャパンではオープンソースの定義として「Open Source Definition(OSD)」を定めており、OSDに合致するソフトウェアに対して承認活動を行っている。

「オープンソース セキュリティ」に関するIT製品情報

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager  2016/09/01


オープンソース・ソリューション・テクノロジ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス 60万円(税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。

オススメユーザー  ID管理製品を初めて社内や組織に導入する企業。不正なIDの使用を防ぎ、セキュリティを確保したい企業。


ThemiStruct(テミストラクト) セキュリティ認証ソリューション  2015/03/15


オージス総研

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 | その他基幹系システム関連 | シングルサインオン | ID管理 | ネットワーク管理

製品概要  ID管理やシングルサインオン等を統合管理する認証基盤。●オープンソースをベースにソリューション化●必要な機能を厳選、適正な価格で提供●長期的な拡張性と柔軟性を確保

オススメユーザー  ・社内システムから各種クラウドサービスまでシングルサインオンを実現したい企業・会員制サイトなどで認証機能が必要な事業者


社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink  2016/02/01


オープンソース・ソリューション・テクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 製品価格:60万円(税別)サポート料金:24万円/年(税別)

カテゴリ  ファイル共有 | タブレット | スマートフォン | ファイル転送 | その他情報共有システム関連

製品概要  社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。

オススメユーザー  スマートフォンやタブレットを業務活用したい企業。セキュリティを確保しつつ、社外で業務を行う際の利便性を高めたい企業。


「オープンソース セキュリティ」に関する特集



SDNが使えるとITインフラの管理業務はどう変わる? 目的別に使いどころや、情報システム運用管理担当者の業務改善のポイントを紹介。


カテゴリ  SDN | その他仮想化関連 | その他ネットワークセキュリティ関連 | ネットワーク管理 | その他運用管理関連 | オープンソース




 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某Webホスティング事業者で、WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用した改ざん事件(詳細はHASHコンサルティングの徳丸先生のブログ参照)。また、2013年7月に公表されたWordPressにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN25280162)など多岐にわたります。 現在オープンソースのCMSアプリケーションは非常に質が高く高機能なため、米New York Times紙のWebサイトを初め多くの商用サイトにも利用されています。しかし、高機能であるだけにアプリケーションのコードも肥大化し、脆弱性が生まれやすくなります。また利用者が誤ったインストールや設定をしてしまうことで、脆弱性を作ってしまう可能性があります。  2012年秋、日本を含め多くの大学がハッカー集団「Ghost Shell」に攻撃され、情報漏洩や改ざん事件があったのをご存知でしょうか?この被害に遭われた、とある大学の先生のご相談に乗る機会がありました。この大学ではWordPressのコンテンツが狙われたそうで、インストールしてから一度もアップデートをしていなかったとのこと。「失敗したな〜」と悔やんでおられました。  なお、大学も履修システムやE-Learningなど、Webアプリが企業以上に多数有り、先進的な大学はWAFをどんどん導入されています。 札幌学院大学様ではハッカー被害は受けていなかったものの、この事件を機にWAFを導入されました(事例)。研究室で構築される勝手サーバのセキュリティ向上、そしてオープンソースのセキュリティレベルの底上げとして利用されており、実際にWordPressに対する攻撃も検出されたとのことでした。 バラクーダネットワークスジャパンのWebサイトにも、弊社製WAFを導入していますが、存在しないはずのWordPressの管理URLに対してのアクセス痕跡があり、機械的に手当たり次第リクエストを投げていることが想定されます。このように、公開WebサイトからリンクされていないURL、秘密情報や管理者機能に直接アクセスする攻撃を「強制ブラウジング」といいます。


カテゴリ  WAF |




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「オープンソース セキュリティ」に関するニュース



 デージーネットは、メール送受信のセキュリティを高めるためのソフトウェア「SaMMA(サンマ)」に、標的型メール攻撃対策の機能を追加し、オープンソースソフトウェアとして無償公開した。今回追加した機能は、「添付ファイルの削除」「添付ファイルの画像化による無害化」「HTMLメールのテキスト化」「隔離Zip」…


カテゴリ  メールセキュリティ | オープンソース




 フューチャーアーキテクト株式会社は、システムが抱える保安上の欠陥に関する情報の収集/検知を自動化した脆弱性スキャンツール「Vuls(VULnerability Scanner)」を、オープンソースとして無償で「GitHub」に公開した。「Vuls」は、オンプレミス/クラウド環境いずれにも対応し、ソフトウェアの脆弱性をスキャン…


カテゴリ  セキュリティ診断 |




 メノックスは、アイキュームと合併し、コンテンツ管理システム(CMS)「Drupal」を利用したWebシステムの開発サービスを8月に開始する。Drupalは、ライセンス料が無料で、大規模システムにも対応できるオープンソースCMS。セキュリティ対策にもデフォルトで対応しているため、追加工数なしでスクリプト挿入系の攻…


カテゴリ  CMS | システムインテグレーション | スマートフォン最適化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ホワイトボード オープンソース セキュリティ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ