「ベンダー 比較表」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ベンダー 比較表」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ベンダー 比較表」に関する記事情報

老舗RPAベンダーの野望 「第三の労働力」のインテリジェント化とは? : イベントレポートアーカイブ:

2001年に創業した英Blue Prismは、主要なRPAベンダーの中では最古参の部類に入る。インテリジェント機能を強化した最新バージョンは業務自動化に何をもたらすのか。

「サーバ」シェア(2018年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

2018年第2四半期の国内サーバ市場は1159億円で2四半期ぶりにプラス成長に転じた。中心となったx86サーバは6四半期連続での成長だ。トップベンダーはどこだ?

ITシステム管理ツールはSaaS型が急成長、その領域は? : 市場成長予測アーカイブ:

2017年のITシステム/サービス管理ソフト市場規模は約2707億円だった。企業はクラウドの運用管理の効率化に向けて投資を拡大している。シェア1位となったベンダーとは?

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年) : シェア情報アーカイブ:

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

「法人向け軽量ノートPC」シェア(2017年) : シェア情報アーカイブ:

重さ1.2キロ未満かつバッテリー駆動時間8時間以上の法人向けノートPCの出荷台数は49万台。シェア1位となった国産ベンダーとは?

パスワード依存の危険性、何もしないと半年後には倒産か? : イベントレポートアーカイブ:

サイバー攻撃を受けた企業はその後どうなるのか。本レポートでは、ネットワークセキュリティベンダーが発表した調査を基に、事後対応にかかるコストや倒産リスクとセキュリティ対応の穴について説明する。

「サーバ」シェア(2017年) : シェア情報アーカイブ:

2017年の国内サーバ出荷額は4698億円と2年ぶりに前年同期比プラスに転じた。要因はどこにあるのか。シェア1位となった国内ベンダーとは?

「ウェアラブルデバイス」シェア(2017年第4四半期) : シェア情報アーカイブ:

2017年第4四半期は、7期ぶりに前年同期比でプラスに転じたウェアラブルデバイス市場。新規参入ベンダーとは?

「外付型ストレージ」シェア(2017年第4四半期) : シェア情報アーカイブ:

フラッシュストレージへの移行が顕著となった外付型ストレージ市場。シェア1位の国内ベンダーとは?

「PC」シェア(2017年第4四半期) : シェア情報アーカイブ:

2017年第4四半期のPCの出荷台数は前年同期比3.7%増だった。法人向けもWin 10移行で台数が増えている。シェア1位のベンダーは?

「ベンダー 比較表」に関するIT製品情報

変化する旅行業界のマーケティング活動、AIがもたらす劇的な進化とは?

Appier Japan 株式会社

オンライン旅行サービスの市場規模が拡大し、消費者と旅行ベンダーの関係性が変化する中、それに合わせてマーケターの取り組みも進化している。マーケティング活動の効果を高めるものとして注目されるAI(人工知能)の可能性を探る。

リリース後わずか1年で国内シェア3位。今急成長中の国産HCIとは?

富士通株式会社

近年多くのベンダーからハイパーコンバージドインフラ(HCI)が提供され、日本国内でもその市場の成長率は高い。そんな中、2016年の登場からわずか1年で国内シェア3位まで躍り出た製品がある。その急成長の秘密とは。

脆弱性対策の勘所、パッチの“適用漏れ”をなくすために必要な対策とは?

日本情報通信株式会社

サイバー攻撃対策の基本となる「脆弱性対策」においては、ソフトウェアベンダーが提供するセキュリティパッチを対象PCやサーバに“漏れなく”適用することが重要だ。そのためには、パッチ配信の他にも重要なポイントがあるという。

運用コストを大幅削減し、かつ複雑なIT環境の運用保守を容易にする方法とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

さまざまなベンダーの製品が混在するマルチベンダー IT環境では、管理・運用のワークロードとコストの増大が課題だ。これを解決するのが、多種多様なハード・ソフトの運用保守の窓口を一本化し効率化する「マルチベンダー・サービス」だ。

クラウド移行で効果を上げる、ベンダー選定から運用体制まで7つの検討ポイント

日本オラクル株式会社

当然だがクラウド移行はIT課題の万能薬ではない。システムの構成や要件によってはオンプレミスが適しているものもあり、事前の比較検討が欠かせない。本資料では、移行で確実に効果を上げるために検討すべき7つのポイントを解説する。

「ベンダー 比較表」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。