「プログラム 開発支援 製品 ノンコーディング」から探す!IT製品・セミナー情報

「プログラム 開発支援 製品 ノンコーディング」 に近い情報
「プログラム 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「プログラム 開発支援 製品 ノンコーディング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「プログラム 製品」に関する特集



 前回紹介したとおり、ウイルス対策ソフト、セキュリティ製品の比較テストには大きく分けて、全てのテストサンプルを検出できた製品に対して認定を行うものや、どの製品がどれだけの不正プログラムを検出できるかを競うものがある。 従来からあるウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の“検出率”を比較するテストでは、どのようなテストが行われているのだろうか。テスト環境、サンプル、テスト手法、そしてテスト期間という様々な観点から見てみよう。


カテゴリ  アンチウイルス |




 企業やユーザがウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品を導入する上では、様々な基準で製品を評価し、それに見合った製品を選定していることであろう。選定の基準となる評価ポイントは、例えば導入、運用、管理のしやすさであったり、PC上でのパフォーマンスであったり、実際の脅威に対する有効性など様々なものがある。 その中でも、実際の脅威に対する有効性を判断する上で参考にされるものの1つに、第三者テスト機関が行う製品比較テストがある。世の中には様々な第三者テスト機関と呼ばれる組織があり、100%の検出率を挙げた製品には認定を行い、ベンダがマーケティング目的で使用することができるロゴを提供するようなプログラムも存在する。また、どの製品がどれだけ多くの不正プログラムを発見することができるかを競ったテストをIT専門誌、Webサイト上で紹介するものも存在する。このようなテストでは「検出率」、「検知率」といったものが製品の評価指標とされてきた。しかし、ここでいう「検出率」というものがそもそも何を意味しているか、理解しているだろうか? “第三者テスト機関が提供しているデータ”ということで、どのように評価がされ何を意味しているかは分からずに参考にしてはいないだろうか。 この「検出率」は意味のある評価指標なのかといった議論をする上で、テストがどのように行われているのかを理解するのは勿論、昨今ユーザを取り巻くセキュリティ環境とそれに対抗するセキュリティ製品の現状を見る必要がある。


カテゴリ  アンチウイルス |




 ウイルスをはじめとした不正プログラムから身を守るために、各企業でこれまで様々な対策を行ってきていることだろう。不正プログラムから身を守る対策として真っ先に思いつくのは、クライアントPCやゲートウェイにウイルス対策ソフトを導入する方法ではないだろうか。しかし、先の連載でも触れているとおり、近年はウイルス対策ソフトのパターンファイルだけでは見つけられない「未知の脅威」と呼ばれる新種の不正プログラムが急増している。セキュリティ対策に多額の投資を行い、各種対策製品を導入していたとしても、不正プログラム感染を完全に防ぐことは難しく、実際に被害にあうケースもあとをたたない。 それでは、企業が行っているセキュリティ対策は無駄だったのだろうか?もちろん、既存のウイルス対策ソフトを適切に運用することは基本であり、多くの不正プログラムの感染によるリスクを低減するために有効である。しかしながら、今日の多様化する脅威に対抗するためには、単にウイルス対策ソフトを導入して企業が独自に運用するだけでなく、脅威の変化に合わせて自社のシステム全体の運用に柔軟性を持たせ、また、セキュリティ対策の技術も最新に変化させていかなければならない。 本連載では、単に製品を導入するだけでなく、企業のセキュリティレベルを向上させるうえで重要な“PDCA”サイクルについて考えたい。また、「未知の脅威」に対抗する手段として今最も有効だと考えられる、ネットワーク上での不正プログラムの挙動監視、いわゆる、「ふるまい検知」の最新技術を紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「プログラム 製品」に関するニュース



 株式会社AMG Solutionは、設計書から、Javaを使用したWebシステムのプログラムを自動生成できるコードジェネレータ「CODEMATIC Java版」をバージョンアップし「ver1.1」をリリースした。「CODEMATIC」は、テーブル定義を入力することでプログラムが自動生成されるジェネレータ。ベースプロジェクトと合わせること…


カテゴリ  その他開発関連 |




 アイキューブドシステムズは、Googleが企業でのAndroidの使用をサポートするためのプログラム「Android for Work」に対応し、Google EMM製品に認定された、Android端末の企業向けセキュリティ対策を可能にする「CLOMO MDM」の提供を開始した。今回の対応により、CLOMO MDMは、Android for Workの仕様に則ったセキ…


カテゴリ  MDM |




 RPAテクノロジーズは、アイエルアイ総合研究所と業務提携を行い、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベーステクノロジー「BizRobo!」と、Excelをプラットフォームにしたマクロ・VBAが不要なプログラム開発ツール「StiLL」を組み合わせ、より高度なExcel業務の自動化を図れる「Basic Robo! StiLL …


カテゴリ  システムインテグレーション | EDI | BPM



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「プログラム 開発支援 製品 ノンコーディング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ