「プログラム 老朽化 システム」から探す!IT製品・セミナー情報

「プログラム 老朽化 システム」 に近い情報
「プログラム システム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「プログラム 老朽化 システム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「プログラム システム」に関するIT製品情報

メインフレームマイグレーションサービス  2016/03/01


NDIソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 移行元のシステムにより数千万円から数億円まで

カテゴリ  その他開発関連 | オープンソース | システムコンサルティング

製品概要  既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

オススメユーザー  汎用機メーカーのサポート終了に合わせて移行対応が必要な企業。運用コストの低減や既存システムの機能拡張を実現したい企業。


VBA不要Excel自動化プログラム開発ツール StiLL  2015/12/01


アイエルアイ総合研究所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●「StiLL」クライアント開発版9万8000円〜●「StiLL」サーバー実行基本キット49万4000円〜※いずれも税別

カテゴリ  開発ツール | データベースソフト | オフィスソフト | BI | システムコンサルティング

製品概要  Excelをプラットフォームとし、マクロ・VBAを使わないで業務システムやBIシステムを作成できるプログラム開発ツール。作りやすく・直しやすく、プロトタイピング手法実現!

オススメユーザー  ExcelやAccess、SQLServer等で作成した業務・情報系システム開発を短期間・低コスト・メンテナンススムーズで実現したい企業。


Microsoft Dynamics AX導入支援パック  2015/08/28


日立システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格:1460万円〜(税別)

カテゴリ  ERP | システムインテグレーション | システムコンサルティング

製品概要  日本の商習慣に沿って開発したアドオンプログラム(帳票など)、サーバー、導入支援、トレーニングを提供。短期間導入・低コストを実現するオールインワンソリューション。

オススメユーザー  基幹システムの導入・リプレースを検討中の企業。まずは短期間にコストを抑えて段階的に導入したい企業。


「プログラム システム」に関するセミナー情報

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー

アイエルアイ総合研究所


開催日

 11月22日(火),12月6日(火),12月6日(火),12月13日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  開発ツール | データベースソフト | BI

概要  Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelでどこまでできるか” …

オススメユーザー  情報システム部の統括|製造・生産管理|営業・販売


2017年度新入社員育成研修 (IT教育、大阪開催)

情報システム監査


開催日

 4月4日(火)〜5月31日(水)

開催地 大阪府   参加費 2万1600円(税込、1日あたり)


カテゴリ  開発言語 | オープンソース | その他開発関連

概要  ★Java言語プログラム開発 開発現場に求められるオブジェクト指向言語の代表として、Java言語を用い、スタンドアロンアプリケーションおよび、Webベースのアプ…

オススメユーザー  プログラマ|情報システム部の統括|システムの設計・運用


2017年度新入社員育成研修 (IT教育、東京開催)

情報システム監査


開催日

 4月4日(火)〜5月31日(水)

開催地 東京都   参加費 2万1600円(税込、1日あたり)


カテゴリ  開発言語 | オープンソース | その他開発関連

概要  ★Java言語プログラム開発 開発現場に求められるオブジェクト指向言語の代表として、Java言語を用い、スタンドアロンアプリケーションおよび、Webベースのアプ…

オススメユーザー  プログラマ|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「プログラム システム」に関する特集



 2009年「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれたのは、「政権交代」だそうだが、コンピュータウイルスの世界では、2005年頃にすでに政権交代がおこなわれている。すなわち、「アウトブレーク型」攻撃手法から「Webからの脅威」への攻撃手法の交代だ。「アウトブレーク型」の攻撃手法では、多機能な不正プログラムが単発でユーザの元に届き感染被害を及ぼすのに対し、「Webからの脅威」では、HTTPの通信を使用し、比較的単機能な不正プログラムが連続的に送り込まれてくる。一度、きっかけとなる不正プログラムに感染すると、次々に未知の亜種、新種がダウンロードされ、なかなか感染の連鎖から抜け出せない攻撃手法である。また、昨今では、ダウンローダに加え、オペレーティングシステムやアプリケーションの脆弱性の悪用、正規Webサイトの改ざん、USBワーム、ソーシャルエンジニアリング等々、さまざまな手法を巧妙に組み合わせ、ユーザのウイルス感染被害を狙うものが増えてきている。 これにともない、ウイルス対策についても、最新のウイルスパターンファイルの適用だけでなく、Webアクセスコントロール、セキュリティ更新プログラムの適用、システム運用の見直し等、実施すべき対策が増えているのが実情だ。 新しい1年が始まったが、昨今の不正プログラムの傾向はどのようになっているのだろうか。2009年の不正プログラムの攻撃について振り返ってみたいと思う。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 ウイルスをはじめとした不正プログラムから身を守るために、各企業でこれまで様々な対策を行ってきていることだろう。不正プログラムから身を守る対策として真っ先に思いつくのは、クライアントPCやゲートウェイにウイルス対策ソフトを導入する方法ではないだろうか。しかし、先の連載でも触れているとおり、近年はウイルス対策ソフトのパターンファイルだけでは見つけられない「未知の脅威」と呼ばれる新種の不正プログラムが急増している。セキュリティ対策に多額の投資を行い、各種対策製品を導入していたとしても、不正プログラム感染を完全に防ぐことは難しく、実際に被害にあうケースもあとをたたない。 それでは、企業が行っているセキュリティ対策は無駄だったのだろうか?もちろん、既存のウイルス対策ソフトを適切に運用することは基本であり、多くの不正プログラムの感染によるリスクを低減するために有効である。しかしながら、今日の多様化する脅威に対抗するためには、単にウイルス対策ソフトを導入して企業が独自に運用するだけでなく、脅威の変化に合わせて自社のシステム全体の運用に柔軟性を持たせ、また、セキュリティ対策の技術も最新に変化させていかなければならない。 本連載では、単に製品を導入するだけでなく、企業のセキュリティレベルを向上させるうえで重要な“PDCA”サイクルについて考えたい。また、「未知の脅威」に対抗する手段として今最も有効だと考えられる、ネットワーク上での不正プログラムの挙動監視、いわゆる、「ふるまい検知」の最新技術を紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 出荷されたソフトウェアやシステムに脆弱性が発見された場合、製品の改修やシステム設計の見直しが必要になる場合があり、対策にかかるコストが予想外に増大する可能性がある。また、ソフトウェア出荷後に、脆弱性が悪用された攻撃が原因で利用者に被害が生じた場合、利用者からのクレームだけでなく、ソフトウェアを開発した企業にも追加の費用負担や社会的責任が生じてくることが予想される。そのため、プログラムの品質管理と同様に、脆弱性を作り込まない対策や作り込んだ脆弱性をシステムライフサイクルの早いフェーズ(製品を出荷する前)で摘出する対策が特に重要である。 今回はソフトウェアの脆弱性対策としてシステムライフサイクル全般について、またシステムライフサイクルのフェーズの1つである実装フェーズについて、フォーカスを当てて紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「プログラム システム」に関するニュース



 電通デジタルは、PwCコンサルティングと共同で、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーションに関して、コンサルティングからプラットフォーム開発・実装、運用・実行支援まで包括的に支援するプログラム「デジタル変革推進プログラム」を開発し、提供を開始した。デジタル変革推進プログラムでは、ユーザー企…


カテゴリ  システムコンサルティング | システムインテグレーション




 株式会社AMG Solutionは、設計書から、Javaを使用したWebシステムのプログラムを自動生成できるコードジェネレータ「CODEMATIC Java版」をバージョンアップし「ver1.1」をリリースした。「CODEMATIC」は、テーブル定義を入力することでプログラムが自動生成されるジェネレータ。ベースプロジェクトと合わせること…


カテゴリ  その他開発関連 |




 SCSKは、ERPパッケージ「ProActive E2」で、税関連法定調書へのマイナンバー出力に対応するプログラムの提供を10月31日に開始する。源泉徴収票の電子申告のマイナンバー出力や、扶養控除申告書など所得税関連の法定調書へのマイナンバー(個人番号など)出力に対応する。今回のプログラムを適用することで、既に同…


カテゴリ  人事管理システム | ERP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「プログラム 老朽化 システム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ