「プログラム オンコーディング 対応」から探す!IT製品・セミナー情報

「プログラム オンコーディング 対応」 に近い情報
「プログラム 対応」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「プログラム オンコーディング 対応」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「プログラム 対応」に関するIT製品情報

メインフレームマイグレーションサービス  2017/03/01


NDIソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 移行元のシステムにより数千万円から数億円まで

カテゴリ  その他開発関連 | オープンソース | システムコンサルティング

製品概要  既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

オススメユーザー  汎用機メーカーのサポート終了に合わせて移行対応が必要な企業。運用コストの低減や既存システムの機能拡張を実現したい企業。


「プログラム 対応」に関する特集



スマートフォンとBLE対応IoTデバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームが登場!日常生活にIoTがやって来る日も近い!


カテゴリ  その他開発関連 |




 前回は、企業のセキュリティを強化するうえで必要なPDCAサイクルについて述べた。今回と次回では、昨今の脅威の特徴である脅威の多様化に対応し、未知の不正プログラムも検出する最新技術「ふるまい検知」を紹介しよう。これは「Do」フェーズとして、感染を防ぐ対策の1つとしてとらえられる例が多いが、より注目したいポイントは「Check」フェーズでインシデントの事前の兆候や、事後の経緯を可視化するための活用である。 まず今回は、「ふるまい検知」についてより理解しやすいように、比較として従来のIDS/IPSの技術と、その課題を解説する。


カテゴリ  IDS |




 前回は、クラウドコンピューティングによる新しいウイルス対策の手法を紹介した。今回はウイルス対策ベンダも解析を終えていないような、生まれたばかりの不正プログラム、「未知の脅威」に対処する新しい検知手法について考えてみたい。


カテゴリ  ファイアウォール | アンチウイルス


「プログラム 対応」に関するニュース



 テクマトリックスは、Javaに対応したテスト自動化ツール「Jtest 10.3.1」を発売した。Parasoftが開発した本ツールでは、1000個以上のコーディングルールを基にソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点やクラスを横断した特定の処理フローに潜むエラーを検出する。今回のバージョンでは、オープンソースの単…


カテゴリ  テストツール |




 ロックウェーブは、ECサイト構築ASP「aishipR」で、ユーザーが自由にプログラムを追加できる「独自プログラム追加機能」の提供を開始した。aishipRは、スマートフォン、タブレット、PCに一元対応するレスポンシブWebデザインのECサイトを構築できるクラウド型のショッピングカートASP。今回の新機能では、ショッ…


カテゴリ  EC | その他開発関連 | スマートフォン最適化




 富士通ビー・エス・シーは、スマートデバイスのセキュリティを一元的に管理するクラウドサービス「FENCE-Mobile RemoteManager」の新バージョンを2月23日に発売する。今回の新バージョンでは、企業でのAndroid使用をサポートするGoogleのプログラム「Android for Work」に対応。OSレベルでの確実なデバイス管理や…


カテゴリ  MDM | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「プログラム オンコーディング 対応」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ