「プロキシサーバ 複数 企業 拠点」から探す!IT製品・セミナー情報

「プロキシサーバ 複数 企業 拠点」 に近い情報
「複数 企業 拠点」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「プロキシサーバ 複数 企業 拠点」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「複数 企業 拠点」に関するIT製品情報

WANロードバランサ Peplink Balanceシリーズ  2015/03/15


ハイテクインター

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 ■Peplink Balance 380 60万円(税別)/台■Peplink Balance 1350 180万円(税別)/台■Pepwave MAX 620 60万円(税別)/台

カテゴリ  WAN高速化 | ADC/ロードバランサ | インターネットVPN | ネットワーク管理

製品概要  アウトバウンド/インバウンドに対応し、拠点間通信においてWAN回線を束ねて高速化を実現するWANロードバランサ。光ファイバ/DSL/CATV/3G/4Gなど様々な回線が使用可能。

オススメユーザー  拠点間のWAN回線を統合し、拠点間通信を高速化したい企業。モバイル回線を複数同時に利用したい企業など。


食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart  2016/04/14


東計電算

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。基本システム 500万円(ライセンスフリー)※税別

カテゴリ  特定業種向けシステム | 生産管理システム | 在庫管理システム | 販売管理システム

製品概要  受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。

オススメユーザー  食品業における、卸売・小売・製造・購買・在庫の一元管理や、複数会社/複数拠点/複数倉庫の統合管理を実現したい企業。


日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」  2016/11/04


東洋ビジネスエンジニアリング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 600万円〜(税別)※A.S.I.A.GP 最小構成での価格です。

カテゴリ  ERP |

製品概要  多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。

オススメユーザー  海外拠点に対応できるERPをお探しの企業。拠点ごとに異なるシステムを統合したい企業。海外との取引(複数通貨)が多い企業。


高機能データセンター EINS/VDC  2016/07/01


インテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  ハウジング | データセンター運用

製品概要  全国3地域/6拠点に展開する高品質データセンター。各種クラウドシステムと組み合わせて柔軟なシステムを構築でき、専門の技術員が運用をサポートする。

オススメユーザー  信頼性の高い国内データセンターでビジネス基盤を安定稼働したい企業。BCP/DR対策として運用拠点を複数に分散したい企業。


Accela BizAntenna 技術キュレーター  2014/05/29


アクセラテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額25万円(税別)〜

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ファイル共有 | 社内SNS | 文書管理 | データ検索ソフト

製品概要  設計標準化や海外拠点への製造ライン展開において、動画や業務ドキュメントなどの技術情報・ノウハウの共有化を加速するソーシャルナレッジベース。オンプレミス版もあり。

オススメユーザー  複数の拠点や部門を越えて、技術ノウハウの共有、標準化の促進を図り、現場力を向上したい製造業企業。


「複数 企業 拠点」に関する特集



 日本は大規模な災害を繰り返し経験しながらそのたびに見事な復興を遂げてきた稀有な国です。そのためかIT-BCPについて非常に関心が高い企業が多いと感じます。データバックアップはIT-BCPの基礎として重要なことは今さら言うまでもないでしょう。おそらく多くの企業のIT担当者は、本当にIT-BCPを実施するなら、遠隔地に設けた複数拠点でリアルタイムにサイトのレプリケーションを行い、いつ被災しても健全な拠点のシステムに即座に業務処理を切り替えられる体制が必要だとお考えのことと思います。しかしそれには莫大な投資が必要です。それがネックになり、対策が検討段階にとどまっているケースも多いようです。 だからといって手をこまねいているわけにもいきません。できるだけ早期の業務再開が可能な仕組みを投資可能な範囲で構築する必要があります。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「プロキシサーバ 複数 企業 拠点」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ