「ブロックストレージ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ブロックストレージ」 に近い情報
「ブロックス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ブロックストレージ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とは、パソコン内外でプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」、「FDD(フロッピーディスクドライブ)」のような磁気メディアのほか、「記録型CD」や「記録型DVD」といった書き込み/書き換え可能な光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」、「MOディスク」のような光磁気ディスクメディアにデータを読み書きする「光磁気ディスクドライブ」などがこれにあたる。主に磁気ストレージをネットワーク経由で利用可能とする「ネットワークストレージ」技術、製品、サービスが数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できる「オンラインストレージ/ファイルストレージ」サービスも、業務用に耐えられるセキュリティが確保されて多く提供されている。

「ブロックス」に関するIT製品情報

Threat Emulation Software Blade  2014/02/26


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  IPS | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  高度なエミュレーション機能により、未知の脅威やゼロデイ攻撃、標的型攻撃による被害をネットワークの境界でブロックするセキュリティソリューション。

オススメユーザー  未知の脅威・ゼロデイ攻撃・標的型攻撃からネットワークを守りたい企業。


「ブロックス」に関する特集



Webサーバを運用するお客様から、「自社のWebサイトがニセのGooglebotにクローリングされている」という相談を受けるがしばしばあります。さらには、「ニセのクローラによるクローリングはブロックしたいけれど、正当なGooglebot(またはBingbotなど)によるクローリングはブロックしたくない」というニーズがあります。ニセのクローラは帯域幅を消費するだけでなく、ホットリンクやコメントスパム、および他のWebアプリケーションへの攻撃も懸念されます。


カテゴリ   |




 トレンドマイクロが実施した2009年上半期の調査によれば、なんらかのウイルス対策を実施している企業のデスクトップ環境であっても、 1000クライアント規模であれば、1日あたり平均7.6件の不正プログラム検出・感染が確認されている。また、パターンファイルでは検知されない、未知の不正プログラムによると思われる活動が、既知の不正プログラムの活動の約6.17倍確認されている。検出・感染だけでも1日に7.6件という数字は驚きであるが、その6.17倍の未知の不正プログラムによる活動があるということは、イントラネット内の脅威全体像の把握が難しいことを示していると同時に、パターンファイルによって検知できる脅威はほんの氷山の一角でしかないということを顕著に表している。では、パターンファイルだけに依存しないセキュリティとは何なのか。また、その効果について今回は説明する。 レピュテーション(Reputation)という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、評判、世評、名声などを意味する英単語である。コンピュータセキュリティ分野におけるレピュテーション技術とは、インターネットで交換される情報の安全性を評価する技術であり、成り立ちや振る舞いなどから脅威を多角的に評価し、危険度の高いものをブロックする技術を言う。簡単に言うと、良いか悪いか、危険か安全か、信用できるかできないか、という情報を分析してデータベース化したものである。クレジットカードの作成や家を購入する際などに、信用調査を経験したことがある方もいると思うが、レピュテーション技術はこの信用調査のイメージに近い。 これらレピュテーションデータベースは一般的に、危険なWebページへの接続や情報送信などを拒否するWebレピュテーション(図1)、メール送信元のIPの評価情報を使って、危険なメールの受信を拒否するE-mailレピュテーション(図2)、危険なファイルが使用されることを防止するファイルレピュテーション(図3)などがある。


カテゴリ  アンチウイルス |




 振り込め詐欺では、2008年6月21日に「振り込め詐欺救済法」が施行され、被害者の被害回復が図られている。これに伴い、預金保険機構から振り込め詐欺の振込先として利用された預金口座等を検索する機能が提供されている。 この検索機能によって、犯人が使用する預金口座の情報等が判明していれば、振り込め詐欺の電話を受け取っても、被害の回避が可能になる。また、犯人が使用する電話番号がわかっていれば、あらかじめ着信拒否を設定するなど、一層の対策が可能だ。 一方、インターネット上の振り込め詐欺である、FAKEAVの被害を回避するのに有効な仕組みがWebレピュテーションである。クラウド(インターネット)上にあるWebレピュテーションのデータベースに、振り込め詐欺の電話番号に該当する、FAKEAVをダウンロードさせるWebサイトの情報、また、預金口座に該当する、FAKEAVを購入させるために、クレジットカード情報の入力を促すWebサイトの情報が登録されており、ユーザのアクセスをブロックするものだ。 ソーシャルエンジニアリングの手法でだまされても、不正WebサイトへのアクセスがブロックされればFAKEAVへの感染の危険が大幅に低減できる。また、Webレピュテーション機能は、Webブラウザを使用したアクセスだけではなく、不正プログラムの直接のWebアクセスも監視するので、Gumblar攻撃のように、不正プログラムによる連続的なダウンロードにも効果的である。 昨今の脅威の多くは、Web経由で侵入してくる。企業でのユーザ教育などでは、危険なサイトへのアクセスをしないよう、各ユーザに呼びかけているケースも多いだろう。しかし実際は、危険なサイトが注意だけでアクセスを回避できるほど、“あからさまに”危険に見えるケースは少ない。 しばらく前にニュースを賑わせ、いまだに相次いでいる「SQLインジェクション」による正規Webサイトの改ざん事件を例にみてみよう。この攻撃では、ユーザがアクセスした正規サイトが、改ざんにより不正サイトへの踏み台となっており、ユーザは、意図せず、気づかないまま不正サイトにアクセスさせられてしまっているケースが非常に多いのだ。このようなケースでは、ユーザが注意しているだけでは、不正なサイトへのアクセスは防止できない。URLフィルタリング等の対策を思い浮かべる方もいるかと思うが、URLフィルタリングは、「ビジネス」、「掲示板」、「ニュース」等、あら…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「ブロックス」に関するニュース



 ネットエージェントは、ブリッジ型ファイアウォール「One Point Wall」の新バージョン「2.0」と新筐体の提供を開始した。「One Point Wall 2.0」では、標的型攻撃などで感染したマルウェアが行う“C2サーバ(Command&Controlサーバ:指令サーバ)への通信”をブロックする「C2サーバルール」が拡充されているほか…


カテゴリ  ファイアウォール |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ブロックストレージ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ