「ファイル転送サービス 官公庁」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイル転送サービス 官公庁」 に近い情報
「官公庁」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイル転送サービス 官公庁」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイル転送とは?

ファイル転送ツールとは、企業内の拠点間あるいは顧客企業や協力会社との間で、セキュリティを確保しながら大容量の業務ファイルを送受信する仕組みを提供するツールのこと。ファイルの送信元からは専用サーバに送信したいファイルをアップロードし、ファイルの受信側は同じ専用サーバにアクセスして目的のファイルをダウンロードするという方法を採る形になる。

「官公庁」に関するIT製品情報

AssetView  2017/09/01


ハンモック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス/1機能 1250円〜2200円(税別)※1000クライアントの場合

カテゴリ  IT資産管理 | 暗号化 | アンチウイルス | DLP | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  社内PCの運用管理・セキュリティ対策を統合的に対策。ファイル暗号化やマルウェア対策、脆弱性対策などカバー範囲が広く、単体導入可能な全17機能をラインアップ。

オススメユーザー  社内PCの運用管理を検討中、または課題を抱えている企業・官公庁。IT資産管理製品にかけるコストを削減したい企業・官公庁。


Trend Micro Mobile Security  2017/03/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンダード初期費用:4500円(税別)/デバイス ※初年度利用費用含む年額費用:2250円(税別)/デバイス

カテゴリ  MDM | 暗号化 | 認証 | アンチウイルス | ID管理

製品概要  ウイルス、スパイウェア、不正アクセスなどの脅威防止に加え、認証&暗号化技術で紛失・盗難時の情報漏洩えいを防ぐ、スマートフォン総合セキュリティ製品。

オススメユーザー  スマートフォンをすでにビジネスに活用、もしくは今後導入したいが、不正アクセスや情報漏えいに不安を感じている企業や官公庁。


ManageEngine(R) OpManager  2014/12/15


ゾーホージャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス:23万4000円(監視対象数50装置)〜通常ライセンス:51万9000円(監視対象数50装置)〜※税別

カテゴリ  サーバー管理 | サーバー仮想化 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  仮想サーバ(VMware、Hyper-V)、物理サーバ、ネットワークを単一ツールで監視できる中〜大規模ネットワーク向け統合監視ツール。コストパフォーマンスの高い管理を実現。

オススメユーザー  一般企業から官公庁・自治体・教育機関など。物理/仮想化環境の一元監視、エージェントレスのサーバ監視を行いたい方。


「官公庁」に関する特集



一般企業はもちろん、学校や官公庁など様々なシーンで大活躍「シンクライアント」。基礎から最新動向まで徹底解説!


カテゴリ  シンクライアント | 統合運用管理




 昨年から度々メディアに取り上げられ、注目を集めている標的型攻撃。その主たる標的は一部の防衛産業企業や官公庁ではあるが、それらの標的と情報を交換する企業からの情報収集を目的として、標的型攻撃の攻撃範囲は拡大しつつある。一方で、製造業のCAD設計データや研究機関などの外部へ出てはいけない機密情報を搾取する、あるいは利用者の個人情報や金銭情報を搾取する目的の攻撃にも、標的型攻撃で使用されるツール・技術の転用が行われ、高度化が進んでいる。 標的型攻撃の攻撃手法についてはここ半年で何度か解説されているため、本稿では概要のみ紹介する。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 インターネットの普及により、ネットワークおよびコンテンツがオープン化し、さらにここ数年は、クラウドコンピューティングの拡大がIT産業のメガトレンドとなってきている。クラウドコンピューティングの世界では、これまでの「コンピュータとその上で動作するアプリケーション」という使い方から、高速ネットワークインフラと仮想化等によるデータセンタのスケーラビリティをベースにした、「サーバとサーバからネットワークを通じて提供されるサービス」という組み合わせに大きくシフトする。これらの環境変化に伴い、セキュリティに関してもネットワークを通じた脅威が主流となっている。 しかし一方で、世の中のコンピュータには、インターネットなどのオープンネットワークにつなげる必要性のない端末、もしくはつなげてはいけない端末やクローズドネットワークが多数存在することも事実である。例えば、メーカーの製造工程での出荷前製品の検査用端末や、半導体製造装置やFA制御機器といった、特定用途に用いられている専用端末、あるいは官公庁、学校や企業内でのクローズドネットワークやオフラインコンピュータなどがそれにあたる。つまり、全てのコンピュータがインターネットなどのオープンネットワークにつながるわけではないのだ。では、このようなインターネットに接続されない端末では、セキュリティの脅威は存在せず対策の必要性もないのであろうか? 従来、オフラインの専用端末やクローズドネットワークは、インターネットにつながった端末とは違い、オープンネットワークやオープンコンテンツを利用しないため、悪意のある第三者からの攻撃や不正プログラムの脅威等に対して安全であると認識されてきた。しかしながら近年では、たとえネットワークに接続しない環境下のコンピュータでも、必ずしも安全とは言い切れなくなってきている。そこで今回は、こうしたインターネット空間とは完全に隔離されたオフライン端末に関するセキュリティ脅威を事例とともに検証し、その対策について論じていきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「官公庁」に関するニュース



 両備システムズは、官公庁向けに、LGWAN(総合行政ネットワーク)回線を通じて、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の提供を8月1日から順次開始する。今回の新サービスでは、両備システムズが提供するクラウドサービス基盤を利用することで、官公庁からインターネットを経由せずLGWAN回線を通じ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | グループウェア | オフィスソフト | 電子メール




 アンテナハウスは、官公庁向けに、PDF関連ソフトウェアの統合製品「瞬簡PDF 統合版 10 官公庁向け」の出荷を9月上旬に開始する(オープン価格)。本製品では、PDFの作成、編集、一括Office変換、OCR変換、記入の機能を備えた5製品を同梱した「瞬簡PDF 統合版」に、新たに2製品が同梱される。1つ目は、政府認証基…


カテゴリ  PDFソフト | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイル転送サービス 官公庁」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ