「ファイル共有 BOX CAD」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイル共有 BOX CAD」 に近い情報
「ファイル共有 BOX」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイル共有 BOX CAD」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイル共有とは?

ファイル共有とは、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する仕組みのことを指す。具体的なファイル共有の仕組みとしては、社内に設置するファイルサーバやNAS(Network Attached Storage)、または外部のオンラインストレージサービスなどが挙げられる。

「ファイル共有 BOX」に関するIT製品情報

テレビ会議システム V-CUBE Box  2017/03/31


ブイキューブ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  テレビ会議/ビデオ会議 | ファイル共有 | Web会議 | 電話会議 | 文書管理

製品概要  リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。

オススメユーザー  テレビ会議システムの操作性や価格に不満を持っている企業。


法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX  2017/11/15


ダイレクトクラウド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額換算費用ベーシック 100GB:1万円スタンダード 300GB:3万円ビジネス 1TB:9万円プレミアム 3TB:18万円 ※すべて税別

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | その他ストレージ関連 | ファイル共有 | ファイル転送 | その他情報共有システム関連

製品概要  社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理。「ユーザー数無制限」の法人向けオンラインストレージ。

オススメユーザー  「データ消失」「情報流出」「管理の手間」「運用コストが高い」等従来品の懸念を解消したい企業。高付加価値を低コストで提供。


「ファイル共有 BOX」に関するセミナー情報

Box導入利活用セミナー

マクニカネットワークス


開催日

 11月30日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ファイル共有 |

概要  本セミナーでは、Boxを活用していただくために、実際のBoxの画面を見ながら、基本的な機能の設定、エディション別の管理機能と設定方法をご紹介します。PCやモバイ…

オススメユーザー  全社スタッフ|営業・販売|情報システム部の統括


Dropbox Business(企業向けDropbox)オンラインセミナー 締切間近

サテライトオフィス


開催日

 11月8日(水),11月20日(月)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | ファイル共有

概要  <Dropbox Business に関して>Dropbox Business (=法人向けDropbox)は、容量無制限の企業用ファイルサーバーです!社外への…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


働き方改革を加速する契約・請求業務のペーパーレス化セミナー 締切間近

GMOクラウド/コニカミノルタジャパン/インフォマート/GMOグローバルサイン/Box Japan


開催日

 11月22日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  文書管理 | その他基幹系システム関連 | ファイル共有

概要  企業は競争力を強化・維持するために、優秀な社員、育児をしている女性、高齢者など、様々な社員に、時間や場所にとらわれない働きやすい環境を整える必要性が高まっており…

オススメユーザー  経営者CIO|情報システム部の統括|全社スタッフ


「ファイル共有 BOX」に関する特集



 ここまでで、Facebook、TwitterなどのSNSやWindows Live SkyDrive、Dropboxなどのファイル共有について話してきた。これらはすべて、ビジネス目的で作られたアプリケーションではない。当初の目的は、コンシューマ用途だ。 コンシューマ向けに作られたものだが、ビジネスでも便利であるということが広まり、ビジネス用途でも使われるようになった。かくして、IT管理者が導入したアプリケーションではない、コンシューマ向けのアプリケーションが組織の中に大量に入り込んだ。 かつて軍事目的で米国国防総省を中心に開発されたARPAnetが元となりインターネットに進化した。多くの企業が使い始めると、もともと何の目的かということなど関係なくなり、「使わない」という選択肢はなくなった。コンシューマ目的のアプリケーションも既に、仕事のコミュニケーションに入り込んでいて、「使わない」と拒否し続けられるのも時間の問題だ。 こうなってくると、IT管理者は新しいテクノロジーをどう有効活用してビジネスを最大化させるか、セキュリティ上の懸念をどうカバーするか、必要な制限は何かを考えていく必要がある。 それでは今回の本題、「Skype」について話していこう。


カテゴリ  IP電話 | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイル共有 BOX CAD」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ