「ファイル共有 セキュリティ 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイル共有とは?

ファイル共有とは、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する仕組みのことを指す。具体的なファイル共有の仕組みとしては、社内に設置するファイルサーバやNAS(Network Attached Storage)、または外部のオンラインストレージサービスなどが挙げられる。

「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関するIT製品情報

セキュリティ機能付きファイル共有アプリ 「CLOMO SecuredDocs」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:1万9800円/契約月額費用:ライセンス 320円/デバイス     基本利用料 2100円/契約※税別

カテゴリ  ファイル共有 | その他スマートデバイス関連 | フィルタリング

製品概要  秘匿性の高い業務ドキュメントは、シークレットモードが利用でき、アプリ間のデータコピー制限など監視・管理機能が大幅に強化されているファイル共有アプリ。

オススメユーザー  スマートデバイスで使えるファイル共有ツールを導入したいが、セキュリティに不安を感じている企業。


ネットワーク分離ソリューション  2017/11/16


アクシオ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 導入規模、環境により個別見積り

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | ファイル共有 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

オススメユーザー  標的型攻撃に対して、各省庁やIPAで推奨するネットワーク分離/インターネット分離環境を検討する自治体や企業。


企業向けオンラインストレージ「GigaCC」  2017/10/15


日本ワムネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 GigaCC ASP(クラウド版)の場合初期費用:5万円月額費用:1万2000円〜※税別※アカウント数:10ID〜※ディスク容量:1GB〜

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | ファイル転送

製品概要  大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。

オススメユーザー  セキュリティを確保しつつ、利用者の利便性を向上できるオンラインストレージを探している企業。


Citrix ShareFile  2015/02/27


シトリックス・システムズ・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 年間ユーザライセンス1万5000円〜(1GB/ユーザ、税別)詳細は製品Webページをご確認下さい。

カテゴリ  ファイル共有 |

製品概要  エンタープライズクラスのセキュリティ要件を満たすオンラインストレージサービス。どこからでもどのデバイスからでも業務上必要なデータにアクセスできる環境を提供。

オススメユーザー  エンタープライズレベルでの利用を前提として、機密性の高い情報でも安全性を確保できるファイル共有サービスを探している企業。


クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service  2017/09/12


日本オラクル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【月額料金】※税別1ユーザー 1800円(ユーザー数 最少 10〜最大 無制限)詳細はお問い合わせください。

カテゴリ  ファイル共有 | 文書管理 | その他情報共有システム関連

製品概要  強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。

オススメユーザー  さまざまなデバイスや場所からセキュアにファイルを共有し、社内外のコラボレーションを効率化し社員の生産性を向上したい企業。


「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関するセミナー情報

G Suite(旧名:Google Apps)活用オンラインセミナー

サテライトオフィス


開催日

 11月6日(月)〜11月7日(火),11月21日(火)〜11月22日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | ファイル共有

概要  G Suite を導入する上で、メール機能の有効活用、カレンダーの有効活用、組織管理方法、シングルサインオンなどのセキュリティ強化策、Googleドキュメントを…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関する特集



今回からは安全管理措置について紹介する。マイナンバーはライフサイクルに合わせて適切に取り扱うため、安全管理措置を織り込…


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 | ファイルサーバ | ファイル共有




ポストWinny登場!?情報漏洩はどうして起こるのか?企業としてどんな対策を採るべきか?ファイル共有ソフトShareを徹底追求しました!


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 数々あるサイバー犯罪の中でも、日本独特ともいえるものがいくつか存在する。先月の記事では、その中でも有名かつ一般ユーザへの被害が最も多いと予想されるワンクリック詐欺について紹介した。今月は日本独特のサイバー攻撃というつながりで、WinnyやShare等といったP2Pファイル共有ソフトの利用者を標的としたマルウェアについて解説を行う。 まず、P2Pファイル共有ソフトとは、その名前の通り、Peer-to-Peerネットワークを利用して、ファイルやデータを共有するためのソフトである。特徴としては、クライアント間の通信にピュアP2P方式を利用しているため、サーバクライアント方式とは違いネットワーク障害に非常に強く、アップロードされたデータはバケツリレー方式で次々とクライアント間で共有される。この仕様から、一度P2Pファイル共有ソフトのネットワークに流出したデータを回収することは、ほぼ不可能に近いと言える。更に、P2Pファイル共有ソフトのほとんどが暗号化技術によってある程度の匿名性が確保されている。この技術が悪用されて違法ファイル(著作権に関連する音楽ファイルや動画ファイル等)のアップロード、ダウンロードが行われてきた。こういった特徴を利用したマルウェアがP2Pファイル共有ソフトのネットワーク上には多数存在している。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ファイル共有 セキュリティ 比較」に関するニュース



 ターン・アンド・フロンティア(T&F)は、Googleが提供するグループウェア「G Suite」のオンラインストレージ「Googleドライブ」を利用した、ファイル共有の状況を全社的に管理できるアドオンサービス「DriveChecker」を開始した。本サービスでは、会社全体のファイル共有状況を管理者が一覧で確認できる。複数の…


カテゴリ  ファイル共有 | オンラインストレージ/ファイルストレージ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他運用管理関連




 ソルクシーズは、ファイル共有クラウドサービスの新バージョン「Fleekdrive Ver.1.1」をリリースした。本サービスは、共同作業を考慮し、単純なファイルの管理や共有だけでなく、リアルタイムにチャットでコミュニケーションをとりながら、クラウド上でファイルを共同編集できる。文書管理に加え、社内だけでなく社…


カテゴリ  ファイル共有 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 日立ソリューションズは、製造業のグローバルな製品開発体制での業務で、機密性の高いデータを安全に共有する「活文 機密情報共有・活用ソリューション」を7月3日に発売する。価格は個別見積もり。本ソリューションでは、クライアントPC内に、情報を持ち出させない機密環境を用意し、ビジネスコンテンツの活用を支…


カテゴリ  ファイル共有 | 特定業種向けシステム | CAD | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイル共有 セキュリティ 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ