「ファイル 暗号化 自動」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイル 暗号化 自動」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイル 暗号化 自動」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「ファイル 暗号化 自動」に関するIT製品情報

ファイル暗号化・追跡ソリューション 「FinalCode」  2016/11/01


デジタルアーツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 Business Edition 2000円/ライセンス/月Enterprise Edition 3600円/ライセンス/月※いずれも1年契約からとなります※税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイルの暗号化、フォルダ内自動暗号化、社内外の閲覧者と操作制御の指定、不正通知ならびに渡したファイルを“あとから”消すことができるサービス。

オススメユーザー  絶対に流出させてはいけないファイルをお持ちの企業。


InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)  2016/02/06


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ライセンスの場合】1万5000円(一般)1万2000円(ガバメント)1万500円(アカデミック)※1ライセンスあたり、税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

オススメユーザー  マイナンバーの管理強化をしたい企業・法人。情報流出に備えた情報漏洩対策を強化したい企業。


ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2016/02/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


機密情報・個人情報漏洩対策ソリューション QGG  2015/10/17


クオリティソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  DLP | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 暗号化

製品概要  クライアントPC内にある機密情報や個人情報を自動的に探し集めて暗号化し、安全なファイルサーバに移動して厳重管理する機密情報・個人情報漏洩対策ソリューション。

オススメユーザー  ユーザの利便性を損なうことなく、機密情報や個人情報を厳重管理し、情報漏洩や不正利用を防止したい企業。


メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert  2016/10/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5〜50ユーザライセンス単価例 (初年度サポート料込み、税別): エンタープライズ版 :2800円 スタンダード版 :2500円

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。

オススメユーザー  業務効率を落とすことなくメール誤送信対策を講じたい企業。Office 365への移行にともない、Outlookの誤送信対策が必要な企業。


「ファイル 暗号化 自動」に関する特集



 情報管理に関するセキュリティ向上のためには、ヒューマンエラーを減らし、かつ万が一のエラー発生時へのシステム的な備えが重要です。しかし、人をサポートするためのシステムが、ヒューマンエラーの原因になるという逆転現象が起きてしまっては元も子もありません。 これに対して当社が提供している「InterSafe IRM」では、ファイルは保存時に自動で暗号化されます。ファイルを開いて、編集して、保存するという普段と変わらない作業の中で、暗号化が自動的に行われるので、利用者は暗号化を意識せずにすみます。当然利便性が損なわれることもありません。


カテゴリ  暗号化 |


「ファイル 暗号化 自動」に関するニュース



 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」に“自動暗号化フォルダーオプション”を追加し、7月29日に発売する。「InterSafe ILP」は、重要情報の保護や、外部デバイスへの不正持ち出し防止、持ち出し後のファイルの安全な利用、送信データの情報漏洩防止を…


カテゴリ  暗号化 |




 ジランソフトジャパンは、ランサムウェア対策の専用ソフトウェア「RANSOMFILTER」を発売した。価格はオープン価格。RANSOMFILTERは、未知のランサムウェアによるファイル変更などの攻撃を、状況認識技術によりリアルタイムに検出し遮断できる。ファイル自動バックアップ機能を備え、ファイルを変更された場合でも元…


カテゴリ  アンチウイルス | IPS | IDS | 暗号化 | その他バックアップ関連




 ハミングヘッズは、情報漏えい対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」に、ファイル持ち出し時の申請と許可を行うための機能「リリース承認フォルダ」を装備した。本ソフトは、外部にファイルを持ち出す際に自動的に暗号化できる。履歴、書き込み禁止、サイバー攻撃対策といった機能も備える。今回の新機能では…


カテゴリ  ワークフロー | DLP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイル 暗号化 自動」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ