「ファイル ログ管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイル ログ管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイル ログ管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ファイル ログ管理」に関するIT製品情報

企業間大容量ファイル転送・共有サービス 「Smooth Fileクラウド」  2016/07/01


プロット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 全プラン ユーザ数無制限◆共用プラン 5GB〜初期費用:5万円〜月額費用:1万8000円〜※税別

カテゴリ  ファイル転送 | リモートアクセス | ワークフロー | ファイル共有 | 文書管理 | 統合ログ管理

製品概要  ユーザ数無制限で利用できるファイル転送・共有クラウドサービス。電子メールや企業内LANでは難しい大容量ファイルの転送・共有をセキュアに実現。情報漏洩のリスクを防止

オススメユーザー  大容量ファイルの転送・共有を安全に行う仕組みを求めている企業。ファイル転送に潜む情報漏洩などのリスクを回避したい企業。


ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』  2016/06/10


ノックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価140万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 認証 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。

オススメユーザー  ファイルサーバで取り扱われるデータ量が増え、正しくアクセス権限を管理できていない企業。情報漏洩を防ぎたい企業。


セキュアファイル交換サービス【クリプト便】  2013/06/27


エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●エントリプラン初期費用:2万円〜月額費用:2万円〜※すべて税別※利用数によって変動します。詳しくはお問い合わせ下さい

カテゴリ  ファイル共有 | ファイル転送 | UTM | 暗号化 | ID管理 | 統合ログ管理

製品概要  ブラウザを利用したファイル交換サービス。セキュリティ・プロフェッショナル集団による運用で高度なセキュリティを実現し、金融業界など大企業への豊富な導入実績を誇る。

オススメユーザー  機密情報のやり取りにおける情報漏洩対策を検討している、セキュリティと利便性を両立する方法を模索している企業


ネットワーク分離ソリューション  2016/04/01


アクシオ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 導入規模、環境により個別見積り

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | ファイル共有 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

オススメユーザー  標的型攻撃に対して、各省庁やIPAで推奨するネットワーク分離/インターネット分離環境を検討する自治体や企業。


情報漏洩対策ソフト 「発見伝Select」  2014/08/01


C&Cアソシエイツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 下記のいずれかを選択●パッケージライセンス料金/1ライセンス 9800円●年間サービス料金/オープン価格※税別

カテゴリ  MDM | メモリ | その他ストレージ関連 | 暗号化 | アンチウイルス | 統合ログ管理

製品概要  USBストレージの利用制限、ファイル監視機能、ファイル暗号化、ウイルス感染防止などの機能を装備し、情報漏洩を未然に防ぐセキュリティソフト。低コストで導入も簡単。

オススメユーザー  USBメモリやCD、DVDなどによるデータのやりとりが頻繁に発生している企業。情報漏洩対策を万全にしたい企業。


「ファイル ログ管理」に関する特集



 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |


「ファイル ログ管理」に関するニュース



 プロット、大容量ファイル転送・共有システム「Smooth File クラウド」の新バージョンをリリースした。本システムは、ファイル転送・共有時の上長承認機能や操作ログ管理機能により社内外とのやり取りを可視化できるほか、ウイルスチェックやファイル暗号化(AES-256ビット)で機密情報を保護できる。その他、アク…


カテゴリ  ファイル転送 | ファイル共有




 ハンモックは、標的型攻撃への包括的な対策に特化したパッケージ「AssetView Security Advance」の出荷を2017年春に開始する。本パッケージは、未知の脅威への対策、ウイルス対策、脆弱(ぜいじゃく)性対策、個人情報検索(監査)、PC操作ログ管理、デバイス制御、ファイル制御・暗号化の7つの機能を備える。標的…


カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連 | 暗号化




 グレープシティは、帳票の設計から管理、運用までの機能を利用できるオールインワン帳票ソリューション「ActiveReports 11.0J Server」を2月28日に発売する。価格は運用サーバライセンスが135万円(税込)。本製品は、帳票のデザイン、プレビュー、ファイル出力、スケジュール配信・印刷、アクセス制御やログ管理…


カテゴリ  電子帳票システム | 開発ツール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイル ログ管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ