「ファイアウォール 普及率 国内」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイアウォール 普及率 国内」 に近い情報
「ファイアウォール 国内」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイアウォール 普及率 国内」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイアウォールとは?

ファイアウォールは、インターネットなどの外部ネットワークとの境界に設置され、企業ネットワーク内のサーバやPCなどに外部から脅威が侵入しないよう、トラフィックをチェックする役目を担う。従来は、セッションログをチェックして怪しいトラフィックを見つけ出すことが主体だったが、アプリケーションをターゲットにしたセキュリティ脅威などに対応できなくなってきたため、アプリケーションを識別・制御できる「次世代ファイアウォール」も登場している。

「ファイアウォール 国内」に関するIT製品情報

さくらインターネット クラウド/データセンターサービス  2013/03/31


さくらインターネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 月額 8800円(税別)〜

カテゴリ  ホスティング | ファイアウォール | ADC/ロードバランサ | データセンター運用 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  24時間365日エンジニアが常駐する自社データセンターでのサーバ運用と国内最大級の高速・大容量バックボーンにより提供される高い回線品質の専用レンタルサーバサービス

オススメユーザー  コンテンツプロバイダ、マルチテナント型のASPサイト、プロモーション用サイト構築担当者。Webサービスの開発環境にお困りの方


「ファイアウォール 国内」に関するセミナー情報

現状の対策を見つめ直すためのサイバーセキュリティセミナー 締切間近

九州日立システムズ


開催日

 12月9日(金)

開催地 熊本県   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | ファイアウォール | セキュリティ診断

概要  サイバー犯罪の最新動向とは?今の政府・行政の方針は何か?今後、企業が知っておかなければならないセキュリティ対策とは?昨今、国内ではサイバー攻撃による被害報告が相…

オススメユーザー  システムの設計・運用|情報システム部の統括


「ファイアウォール 国内」に関する特集



 国内におけるパブリッククラウドの普及は、2011年の東日本大震災をきっかけに、データの遠隔化や分散化、事業継続性などがフォーカスされ、オンプレミスのサーバーのクラウド化が急加速している現状があります。IDC Japanの調査によると、2013年の国内パブリッククラウドの市場規模は、前年比37.4パーセント増と継続して発展し、2018年には約3倍まで増加すると予測されています。


カテゴリ  WAF | ファイアウォール




海外との遠隔会議を実現する際には、日本とは異なる環境があることに注意すべき。中国におけるグレートファイアウォールや南北問題、ネットワークにおける注意点、文化の違いなど、海外接続におけるTIPSをご紹介!


カテゴリ  テレビ会議/ビデオ会議 | Web会議 | 電話会議




 「サイバー攻撃は防御できないレベルにまでなってしまった。私たちは、被害をいかに最小限に留めるしか対策はないのだ。」 昨今の報道から、そのように感じているユーザも数多くいるのではないだろうか。三菱重工や衆議院、参議院など、防衛や国家機密を守るセキュリティシステムが破られてしまったのだから、無理もないだろう。 これらのサイバー攻撃は“特定組織を狙った攻撃”と推測されており、一般に標的型攻撃の部類に含まれる。最近の標的型攻撃の多くは、標的のネットワークへ侵入後、様々な情報資産を持ち出すことから「サイバースパイ」と例えられる。海外では2009年の米Googleの事件をきっかけに、APT(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。国内では「サイバースパイ」、「新しいタイプの攻撃」など様々な呼称があるが、本稿では単純に「サイバースパイ行為」と記載する。 このサイバースパイ行為は、その呼称からも分かる通り、単なるウイルス感染事故のことではない。端的に説明すると、攻撃者が特定組織へ侵入し、マルウェアを活用することで情報を窃取する行為のことである。この一連の行為の中で、マルウェアは大きく分類して次の3種類が悪用されることが多い。


カテゴリ  ファイアウォール | 統合ログ管理


「ファイアウォール 国内」に関するニュース



 ゾーホージャパンは、ファイアウォールやUTM、プロキシサーバのログを一元管理するツール「ManageEngine Firewall Analyzer」の国内向け「ビルド8501」の提供を開始した。価格は、年間12万2000円(ファイアウォール1台管理の場合)〜。本製品は、ファイアウォールやUTM、プロキシサーバから出力されるトラフィッ…


カテゴリ  統合ログ管理 | その他ネットワークセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイアウォール 普及率 国内」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ