「ファイアウォール 値段 一般」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイアウォール 値段 一般」 に近い情報
「ファイアウォール 一般」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイアウォール 値段 一般」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイアウォールとは?

ファイアウォールは、インターネットなどの外部ネットワークとの境界に設置され、企業ネットワーク内のサーバやPCなどに外部から脅威が侵入しないよう、トラフィックをチェックする役目を担う。従来は、セッションログをチェックして怪しいトラフィックを見つけ出すことが主体だったが、アプリケーションをターゲットにしたセキュリティ脅威などに対応できなくなってきたため、アプリケーションを識別・制御できる「次世代ファイアウォール」も登場している。

「ファイアウォール 一般」に関する特集



前回のコラムで紹介したProxyサーバだけでなく、UTM製品からも有用なログを得られるケースがあります。一般的にUTM製品は、フ…


カテゴリ  UTM | ファイアウォール | その他ネットワークセキュリティ関連




 VMwareに代表される仮想化テクノロジは、既にITインフラストラクチャ検討において当然のこととなり、導入期から発展期を迎えていると言えるだろう。クラウド事業者においては既に仮想化テクノロジなしのインフラ検討はありえないだろうし、規模を問わず一般企業においても検討フェーズが終わり、実際の導入が開始されているのが現状であろう。 今更ながらではあるがここで仮想化テクノロジ導入のメリットをおさらいしておこう。従来から言われているのは、以下のようなものであった。


カテゴリ  サーバー仮想化 | ファイアウォール




 「サイバー攻撃は防御できないレベルにまでなってしまった。私たちは、被害をいかに最小限に留めるしか対策はないのだ。」 昨今の報道から、そのように感じているユーザも数多くいるのではないだろうか。三菱重工や衆議院、参議院など、防衛や国家機密を守るセキュリティシステムが破られてしまったのだから、無理もないだろう。 これらのサイバー攻撃は“特定組織を狙った攻撃”と推測されており、一般に標的型攻撃の部類に含まれる。最近の標的型攻撃の多くは、標的のネットワークへ侵入後、様々な情報資産を持ち出すことから「サイバースパイ」と例えられる。海外では2009年の米Googleの事件をきっかけに、APT(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。国内では「サイバースパイ」、「新しいタイプの攻撃」など様々な呼称があるが、本稿では単純に「サイバースパイ行為」と記載する。 このサイバースパイ行為は、その呼称からも分かる通り、単なるウイルス感染事故のことではない。端的に説明すると、攻撃者が特定組織へ侵入し、マルウェアを活用することで情報を窃取する行為のことである。この一連の行為の中で、マルウェアは大きく分類して次の3種類が悪用されることが多い。


カテゴリ  ファイアウォール | 統合ログ管理


「ファイアウォール 一般」に関するニュース



 一般社団法人パソコンサポート屋は、Neusoft社のファイアウォール機器「NISG3000」を利用し、企業が許可していないソフトウェアによる情報漏洩の監視も代行するUTM(統合脅威管理)型の中小零細企業向け運用監視サービスの提供を7月6日に開始する。今回のサービスでは、ファイアウォール機器のレンタルと、常時監…


カテゴリ  UTM | ファイアウォール | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイアウォール 値段 一般」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ