「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ファイアウォールとは?

ファイアウォールは、インターネットなどの外部ネットワークとの境界に設置され、企業ネットワーク内のサーバやPCなどに外部から脅威が侵入しないよう、トラフィックをチェックする役目を担う。従来は、セッションログをチェックして怪しいトラフィックを見つけ出すことが主体だったが、アプリケーションをターゲットにしたセキュリティ脅威などに対応できなくなってきたため、アプリケーションを識別・制御できる「次世代ファイアウォール」も登場している。

「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」に関するIT製品情報

Panda Cloud Office Protection  2015/03/15


PS Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5ライセンス(1年):2万円より※税別

カテゴリ  ファイアウォール | アンチウイルス

製品概要  アンチマルウェア+ファイアウォール機能をクラウドで提供する、複数PCの統合管理を可能としたセキュリティソリューション。導入・運用コストの大幅な削減を支援する。

オススメユーザー  作業動作に影響せず、かつ多拠点にある社内PCのプロテクションが可能なセキュリティソフト導入を検討中の企業。


「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」に関する特集



 前回投稿した「2014年4月…サポート終了後の“Windows XP”をどう守るか?」に沢山のコメントをいただき、ありがとうございました。XPのサポート終了が多くの方々にとって重要な関心事であることが改めて確認できました。当初はXPのトピックは前回のみの予定でしたが、反響を受けてもう少し掘り下げてお話ししたいと思います。 今回はセキュリティソフトの集中管理機能を利用して、XPを“比較的”安全に使用する方法を紹介したいと思います。あくまでも何もしないよりは“比較的”安全なだけであり、サポートされているOSになるべく早く移行することが重要であることはお忘れなく。 また、今回は「エフセキュア クライアント セキュリティ」を使った方法を紹介しますが、他社製品でも似たようなことができる可能性はありますので、ご利用の製品の機能を今一度確認してみることをお奨めします。


カテゴリ  アンチウイルス | ファイアウォール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ファイアウォール セキュリティソフト 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ